大雪山登山及びハイキング

平成14年9月16日〜18日

 今年の6月北海道南部を旅した折その雄大な自然に感動し、山歩きの好きな自分には何時かその北海道の屋根である大雪山系を歩いてみたいと思うようになった。 特に大雪山は日本の紅葉前線のスタート地点であると言われることから秋の紅葉の時期に訪ねてみたいと思った。

 8月中旬、朝日新聞の夕刊に阪急旅行社の大雪山登山・ハイキングのツアーの広告が出た。その2泊3日の旅程はまさに自分の待ち望んでいた大雪山登山とハイキングにテーマーを絞ったものであった。

 第一日には羽田から札幌に飛び、その日のうちに旭岳ロープウェイを利用して大雪山の主峰である旭岳の7合目8合目辺りのハイキングを行う。その日の夜は山系の反対側の層雲峡温泉泊。

 第二日は黒岳ロープウェイとリフトを利用しで7合目まで高度を稼ぎ、そこから午前中に頂上を目指して黒岳頂上を目指す。午後はバスで南下して大雪高原温泉に向かい、ひ熊の保護地域でもある大雪高原を紅葉を求めてハイキングする。その夜も同じ層雲峡温泉泊。

 第三日目午前中は矢張り紅葉の名所である銀泉台の上部第一花苑辺りまでのハイキング、午後は層雲峡近辺のハイキングの後帰途に着くと言うものである。


大雪山系旭岳7合目にて