ツアーの行程
ツアーの地図
スライドショー

ツアーの計画

 2000年には白馬山麓栂池高原、2001年には乗鞍高原、2002年には八甲田山、2003年に上高地と蔵王高原をと比較的遠いところの雪原を歩いてきたので、2004年のスノーシューはこれまで歩いたことがない比較的近場の美ヶ原か北八ヶ岳の縞枯山辺りがどうかと思っていた。

そんな矢先、「ふわくハイキングサークル」から3月の例会のひとつとして「菅平スノーハイク」の案内状が届いた。
それによると、どうもスノーハイキングの主体はネイチャースキーらしいが、スノーシューのことも触れられていた。

そこで、この企画のリーダーである三浦良二さんに電話して確かめてみた。果たしてスノーシューで一緒に歩いてくれる仲間がいるかどうかが心配だったからである。

電話口に出た三浦さんは「あなた方二人だけで未知の山を歩かせるような無情なことはしませんよ」と優しい声で元気付けて下さったので、即参加することに決めた。

後で三浦さんに伺ったところによると、ご自分ではゲレンデ・スキーをやりたかったところでしたが、私共を二人だけにしないために、ご自分では山スキーでスノーシュー班に付き合い、その外にお二人のご婦人をスノーシュー班に誘って下さったそうで、その優しい心遣いには感動しました。



白樺林の雪と陰ーー平成16年3月6日(土)菅平高原にて