雪の米沢近辺秘湯巡りの行程

(スポット写真は青色下線の文字をクリックすると表示されます)
(表示されたスポット写真を閉じるには右上端の「X」のクローズ・ボタンをクリックして下さい)

日  時
 行     程
平成21年1月14日(水) 山形・米沢へ向かう往路
7:00 
何時もの通り起床。朝食をゆっくり摂る。
11:10 
家内と共に創造の杜公園バス停よりバスで土気駅へ向かう。
11:24 
土気駅発の電車で千葉へ向かう。
11:51 
千葉駅発総武線快速電車で東京へ向かう。
12:30 
東京駅着。 構内で昼食のための駅弁を買う。
13:08 
東京発山形新幹線つばさ117号」で米沢に向う。車内は3分の1程度の乗車率ですいていた。
この日は素晴らしい快晴で、左側に展開する素晴らしい白銀の峰々を堪能した。
先ず、宇都宮駅辺りから日光の雄大な男体山と真っ白な日光白根山に目を見張った。
続いて、那須塩原ICを過ぎる辺りで那須連山とりわけ茶臼岳の白銀の姿が現れた。
郡山を過ぎると独特の乳首状の山頂を持つ懐かしい安達太良山の裾野の広がりの中を列車は突っ走り、福島駅からは端正な吾妻富士が薄らと雪化粧しているのが認められた。
14:48 
福島駅で東北新幹線と分かれて山形方面へ向う。
福島では平地に薄らと雪が蔽われる程度であったが、奥羽山脈に分け入るにつれて積雪が急激に多くなる。昔板谷峠でスウィッチ・バックした辺りは長いトンネルで一気に通り抜けた。
15:25 
雪ですっぽり蔽われたお伽の国のような米沢駅に到着。 
15:28 
駅前に待機してくれていた五色温泉の旅館のバスでこの日宿泊の宿へ向う。
先程、列車で通り抜けた板谷トンネルを抜けて、少し下った辺りで先程通った線路の踏み切りを渡り、 
16:30 
雪の中にすっぽりと埋もれた五色温泉の宗川旅館に到着。気温零下2度の寒さだ。
宿の部屋からの眺めはやっと雪の秘湯に来たなという感じだ。
17:00 
岩の間から湧き出る源泉の温泉風呂に浸かって身体を温める。
18:00 
山菜尽くしの山奥の秘湯の夕食。鮭の田舎味噌和えが美味しかった。
21:00 
再度温泉に入り就寝。 非常に寒いのでガス・ストーブを一晩中つけて寝る。

平成21年1月14日(木)  五色温泉→米沢→白布温泉
7:00 
起床。  非常に寒いので湯冷めを恐れて温泉に入らず。 雪がちらほら舞っている。
8:00 
非常に質素な山菜ばかりの朝食。 五色温泉の宿は相変わらず雪に埋もれている。
10:30 
宿のバスで米沢市街に向かう。 
11:20 
米沢市内の上杉城史苑に到着。 宿のバスはそこで帰って行く。
上杉神社と上杉博物館を散策。 上杉神社は今年のNHK大河ドラマ「天地人」で評判の上杉氏の建てた米沢城跡でそれに便乗した宣伝板が至るところにある。数代後の名君上杉鷹山公の有名な言葉の碑もある。
近所の米沢ラーメン店で米沢ラーメンの昼食を摂る。当地のラーメンの特徴は細めのちじれ麺だ。
    13:30 
米沢観光のバスが迎えに来て白布温泉に向かう。
14:10 
白布高湯の中屋別館不動閣に到着。
部屋にチェック・インして窓の外を見ると雪に埋まった谷川が流れており、その細い川はあの有名な最上川の最源流だという。
14:30 
宿の車で天元台に登る天元台高原ロープウェイ湯元駅まで送ってもらう。
15:00 
当日は強風のため不定期運行でロープウェイ山麓の湯元駅を15:00に出発。 標高は950m。
15:05 
5分で標高1,350mの天元台ロープウェイ高原駅に到着。
外は気温マイナス6度でピューピューと唸って強風が吹き荒れていた。
この一帯を歩き回る積もりであったが、200m先の天元台ロッジ(アルプ天元台)に辿り着くのがやっとであった。山の上へ登っていくスキー・リフトは動いていたが上の方は吹雪で霞んで見えない。
15:30 
止む無く早々とロープウェイで下山する。
16:00 
ロープウェイ駅から歩いて宿に戻る。昔から名前が知れ渡っている西屋と東屋旅館の前を通る。
16:30 
宿のオリンピック風呂と称する最上川の源流の渓谷に沿った細長い温泉風呂に入浴。
夕食までTVで大相撲を見る。
   18:00 
待望の夕食。昨夜の五色温泉の夕食よりややましな食事であった。食事の部屋が少々寒かった。
夜、旅館前の雪灯篭に蝋燭の灯が点っていた
22:00 
再度温泉に入って就寝。

平成21年1月15日(金)  白布温泉→米沢→小野川温泉 
10:15 
米沢観光のバスで中屋別館不動閣を出発。
10:40 
小野川温泉ホテル山川に到着。今の天皇陛下が皇太子時代に小野川スキー場に来訪し、当ホテルに宿泊した折の写真が掲げてある。
この地はまた私達が45年前の新婚時代に訪れた懐かしい温泉であるが、その折のことは全く思い出さない。ホテルの若い主人に伺うと人々も代替わりし建物も建て替えられているそうで、昔の面影が全く思い浮かばないのは当然だと思った。
昼食まで小雪の舞う小野川温泉の街をぶらぶらと散策。高台にある甲子大黒天まで足を延ばす。
甲子大黒天の高台から小野川温泉の街が一望できた。ホテル近くの食堂で米沢牛丼の昼食を摂る。
16:00 
ホテルの温泉にゆっくり浸かってから、夕食までTVで大相撲を見る。
18:00 
夕食。これまでの2日間の夕食に較べて少々上等な食事であった。
21:00 
再度温泉に入って就寝。 部屋は暖かで快適に眠れた。

平成21年1月16日(土)  小野川温泉→米沢→帰路に就く
7:00 
起床。 ホテルの館内は暖かく湯冷めの心配がないので朝湯に入る。
8:00 
朝食。 昨夜も雪が降り続いたようで、部屋の窓からの雪景色はしっとりと静かだ
10:30 
米沢観光のバスで米沢市街に向かい、途中チョット上杉家廟所に立ち寄る。
11:20米沢駅に到着。 駅前のラーメン店で最後の米沢ラーメンの昼食を摂る。
米沢駅構内にはNHK大河ドラマ「天地人」にあやかって直江兼続の大きな人形が飾られていた。
13:42 
米沢駅発つばさ116号の新幹線で東京に向かう。
16:44 
僅か3時間で東京駅着。
17:11 
東京駅発成田空港行き快速に乗る。
17:49 
千葉駅着。
17:57 
千葉駅発茂原行きに乗る。
18:18 
土気駅着。 
18:23 
直ぐバスがあって、帰宅18:40。 大相撲の最後の2番を見ることが出来た。

掛かった費用

大 項 目 費 用 明 細 金 額
3泊4日のツアー料金 29,800円 X 2 + 315円(送金手数料)
59,915円
土気駅まで往復バス代 160円 X 2人 X 2
640円
土気駅→東京、都内→土気駅 電車賃 950円 X 2人 + 740円 X2人
3,380円
1日目昼食駅弁代 1,000円 X 2人
2,000円
2日目、3日目、4日目昼食代 550円 X 2 + 550円 X 2 + 550円 X 2人
3,300円
天元台往復ロープウェイ代 1,200円 X 2人
2,400円
お土産代(お菓子、漬物、剣玉) 3,000円
3,000円
二人分合 計 掛かった費用の合計
74,635円