山形・米沢近辺の秘湯巡りの写真

五色温泉の宗川旅館(そうかわりょかん)の窓から臨む栗子山

山形新幹線
13:08発つばさ117号

雪に埋もれた五色温泉の宗川旅館

到着した午後4時半、気温は氷点下2度であった
上杉一族が建てた米山城跡が上杉神社になっている

上杉神社の本殿
上杉鷹山公の銅像

上杉鷹山公の有名な言葉の石碑
午後2時10分白布温泉中屋別館不動閣に到着

部屋の直ぐ外の渓流は最上川の最源流だという由
午後3時のロープウェイに乗る

湯元駅の標高は950mで高原駅は1,350m、400mを5分で登る
天元台高原駅は氷点下6度で物凄い吹雪

200m先の天元台ロッジに辿り着くのがやっと
雪の天元台高原を歩き回るのを断念して早々に下山

宿では夜雪灯篭にローソクの灯が点された

小野川温泉の街の風景

街の中に小野小町を惹きつけた清水が湧き出ている
甲子大黒天のある高台からは
雪に埋もれた小野川温泉の街が一望出来る

最上川の上流である大樽川
夜通しの降雪で更に静けさを増した街並み

  
NHK大河ドラマのお陰で米沢の街は直江兼続ブームで湧いていた