御嶽ー大岳山ー山楽荘ー日の出山ーつるつる温泉

                 

日の出山頂より急な下りの途中で「つるつる温泉」の看板を見てほっとするが、まだ3Kmもある
       
 ふわくハイキング・サークルの山行にはこの数年中々参加するチャンスがなくて、今回は3年振りの参加でした。
 
 この間、殆ど家族や友人だけの個人的な登山ばかりして来ましたので、久し振りに規律ある団体行動には体力の衰えた者にとって休憩など思い通りに取れなかったり、写真を撮っていて集団から遅れそうになったりして戸惑いましたが、一方では仲間との会話を楽しみながらの山歩きや夜の部屋での活発な議論は大変良い思い出になりました。

 元々、御嶽山は古くから信仰の山であることは知っていましたが、日本武尊が東征の際に、道に迷った折りに白狼、黒狼に導かれたという神話にまで遡る大変古い歴史があるとは知りませんでした。事実、創建は崇神天皇7年(紀元前91年)とされ、天平8年(36年)に行基が蔵王権現を勧請したともいわれているそうです。

 その為に当地には宿坊が十数件あり、今回我々はその一つである山楽荘に宿泊したことは大変貴重な初体験となりました。この宿坊は古くから文人墨客に愛され、”川合玉堂の部屋”や”吉川英治の部屋”もある程で、館内は少々雑然としてはいたが、さながら博物館の様相を呈していました。

 今回の山行そのものは、歩行距離的にはそれ程きついものでありませんでしたが、大岳山頂付近の急な岩場は中々のもので、それなりに登山の気分を味わうことが出来ました。今回のルートとは別に御岳神社の奥の院から鍋割山を経由して大岳山に向かうと、一層の険しい岩場が続くということです。

大岳山ー日の出山ルート歩行分析

区  沿面歩行距離
(Km)
標高差(登り)
(m)
標高差(下り)
(m)
歩行時間
(時:分)
最大傾斜
(度)
最大勾配
(%)
平成21年10月21日(水)
ケーブル駅 → ビジターC 0.484 -5
ビジターC → 山楽荘 0.536 -10
山楽荘 → 御嶽神社 0.440 99
御嶽神社 → 長尾平 0.085 -38
長尾平 → 天狗の腰掛杉 0.191 -30
天狗の腰掛杉 → 水場 1.101 25
水場 → アクバ峠 0.593 131
アクバ峠 → 鍋割山分岐 0.247 43
鍋割山分岐 → 大岳山荘 1.065 118
大岳山荘 → 大岳山頂 0.232 97 33.7 66.7
大岳山頂 → 大岳山荘 0.246 -97
大岳山荘 → 鍋割山分岐 1.040 -112
鍋割山分岐 → アクバ峠 0.261 -44
アクバ峠 → 水場 0.633 -125
水場 → 長尾平 1.189 -11
長尾平 → 御嶽神社 0.105 49
御嶽神社 → 山楽荘 0.430 -99
第1日目の小計 8.878 562 -571 3:14
平成21年10月22日(木)
山楽荘 → 山楽荘の畑 0.651 -39
山楽荘の畑 → 養沢分岐 0.422 -14
養沢分岐 → 日の出山頂 0.767 118
日の出山頂 → 温泉の看板 0.569 -132
温泉の看板 → 登山口 2.374 -400
登山口 →つるつる温泉 0.432 30
第2日目の小計 5.215 148 -585 2:20
全行程の合計 14.093 710 -1156 5:34