山行の行程
ルートの地図
山行の写真

山行の計画と実行


入笠湿原の白樺林

 この山行はCWSの読地図講習の一環として計画され、同じ週の5月12日(水)に準備された机上講習会の実地訓練の意味を兼ねて行われました。

 従って山行自体では少々物足りないものであったが、地形図の磁北とは、コンパスの使い方、等高線と実際の地形との比較、現在地の確認の仕方等々を勉強しながらのトレッキングであった。

 天気予報は余り芳しいものではなかったが、当日はまずまずの天候で、19人の参加者が中央線の富士見駅に降り立った。