猫魔ヶ岳ー雄国沼トレッキング


裏磐梯・猫魔ヶ岳頂上(標高1,404m)より桧原湖を臨む

 裏磐梯の猫魔ヶ岳は会津磐梯山の西隣に連なる峰の一つで、そのトレッキング・ルートはニッコウキスゲで有名な雄国沼に下るルートを辿ればそれ程の健脚向きでもなく、さりとてやさし過ぎるものでもなく、中高年の小一日の歩程としては格好なもののように思われました。

 折りしも7月始めのニッコウキスゲの最盛期とあって、家内と計画していましたが、自治会のゴルフ同好会のプレイ後の反省会でこの山行をハイキング・サークルの催しとしたらどうかという話が持ち上がり、ハイキング愛好の皆さんにメールでお誘いしました。急なお誘いであったためか、同行を希望された方が少なく結果的には初期の計画通り家内と2人だけの山行となりました。

 そもそもこの計画は来年の春先(2月下旬から3月初旬)のスノーシューイングの為の視察も兼ねておりました。裏磐梯・猫魔ホテルが東京駅八重洲口から割安のシャトル・バスを毎日出しており、温泉もある素晴らしいホテルだということを聞いておりましたので、ニッコウキスゲ探勝のトレッキングを兼ねて出かけました。