山行の行程とスポット写真

(スポット写真は青色下線の文字をクリックすると表示されます)
(表示されたスポット写真を閉じるには右上端の「X」のクローズ・ボタンをクリックして下さい)
日  時
 行     程
平成16年11月7日(日)  往路:自宅から瑞牆山荘へ
5:00 
起床  ストレッチ体操と洗顔だけで朝食は千葉駅で駅弁を買求めて特急あずさの車内で摂るようにする。 外を見ると深い霧が立ち込めていた。 どうやら天気は良いようだ。
5:48 
今回は山行に参加しない家内に車で送ってもらい駅へ出発する。 
5:58 
土気駅発外房線千葉行きの普通電車に乗る。
6:19 
千葉駅着。 駅構内で稲荷・巻寿司の駅弁と暖かいお茶を買い求める。 8番線ホームで上妻さんと落合う。
6:38 
千葉発特急あずさ3号出発。 始発駅なので禁煙・自由席に楽々座れる。錦糸町、新宿で列車は殆ど満席となる。 天気が良いので、八王子でも登山・ハイカー客がどんどん乗車してくる。
9:18 
韮崎駅到着。既に駅前には平野さんご夫妻が自家用車で到着して一行を待っていた。
9:30 
予約していた9人乗り大型タクシーと平野さんの車に分乗して瑞牆山荘へ向けて出発する。 
韮崎を出て直ぐ右側の車窓に深田久弥の終焉の山である茅ヶ岳(1,704m)の姿が臨まれた。
途中の塩川の渓谷は紅葉の最盛期であった。
10:28 
瑞牆山荘に到着。 無料駐車場は既に満杯で駐車場傍の道路に駐車する。 気温15度C

平成16年11月7日(日)  往路:瑞牆山荘から瑞牆山頂への登り
10:34 
瑞牆山荘前を出発し、樹林帯の中の比較的勾配の緩い道を進む
10:55 
登りも徐々に急になり、身体が熱くなったので、第一回目の休憩を5分取る。皆上着を脱ぎ軽装となる。
暫く登ると林道を横切る。
11:17 
富士見平小屋(標高1,722m)に到着。各自座り込んで水分補給と行動食を摂る。気温11度C.で休んでいると心地よい。
11:25 
富士見平小屋前を出発する。
暫く樹林帯を登ると尾根筋に出て、高い林越しに瑞牆山頂が姿を見せ始めた。林道の終点への道標がある。 そこから天鳥川の沢に向って下りに入る。
11:50 
天鳥川出会いに到着し、綺麗な水の沢を渡る。 予定の行程ではここは12:00到着で、10分早いので、小生ここで1本とって休憩を期待していたが、先頭の牛島さんはそのまま登り続けて休憩を取る気配がない。小生、これは参ったと思いながら我慢して付いて行くが段々引き離されていく。
12:00 
この辺りから巨大な岩が進路に立ちはだかり梯子を登ったりして、急登が続く。
12:35 
小川山への分岐点を過ぎて、やっと第3回目の休憩が与えられる。
遠くから見えていた背の高い巨岩が頭上に迫ってくる。 更に急登が続く。
13:10 
山頂の巨岩を左から回り込む所に山頂への道標があり、最後の梯子を登る。
13:28 
瑞牆山頂(2,230m)に到着。 山頂は巨岩の上である。
西に遠く八ヶ岳東の眼前に金峰山が臨まれる。南側は絶壁で下を覗き込むのも恐ろしい。
南下に西に向って天鳥川の渓谷が走り、その先に黒森の部落か?が臨まれる。瑞牆山荘は何処かと目を凝らせど南側の谷が深くて見ることが出来ない。登ってきた道が如何に急であったかを物語っている。 気温10度Cで風がないのに休んでいると寒さを感じてきたので、集まって集合写真を撮り、下山の準備を始める。

平成16年11月7日(日)  復路:瑞牆山頂から瑞牆山荘へ向けて下山
13:45 
瑞牆山頂から下山開始。 下りの第一関門が下りの梯子
14:40 
下りの第一回の休憩を取り、山頂付近の巨岩に最後の見納めをする。
15:10 
天鳥川出会いに到着。冷たい沢の水を飲んだりして小休止し、集合写真を撮る
5:30 
尾根筋まで登り、木の間から臨む瑞牆山に最後の別れを告げる
15:40 
富士見平小屋に到着し、小休止。 先に到着した一群と小生の最後尾の差は10分になる程小生の疲労は極点に達していた。 
16:10 
瑞牆山荘についに帰着。 朝利用した大型タクシーが待っていてくれた

平成16年11月7日(日) 復路:瑞牆山荘から帰宅に向けて 
16:20 
瑞牆山荘を大型タクシー(9人)と平野さんの車(6人)に分乗して韮崎駅に向う。
16:30 
増富温泉の津金楼の湯で立寄り湯に入る予定であったが、タクシーの運転手の駅近くで交通渋滞があるので早く駅に向かった方が良いと言う忠告に従って、入浴を中止した。
17:25 
韮崎駅前に到着。 結果的には入浴の時間があったことになる。
駅前の商業ビルの中にあるレストランでビールを飲んで食事を摂る。
17:23 
韮崎駅より特急あずさ23号に乗る。 禁煙・自由席は満席で八王子まで立っていく。
喫煙・自由席に乗った上妻さんは韮崎で席を取れたとのこと。
20:49 
特急あずさ23号は予定通り千葉駅着。

20:59 

接続よく外房線普通電車大原行に乗る。
21:19 
土気駅到着。 
21:30 
家内の出迎えの車で帰宅。 増富温泉の代わりに乳白色の入浴剤入りの土気温泉に入る。

掛かった費用

大 項 目 費 用 明 細 金 額
土気・韮崎間JR往復電車賃 7,140円X0.7・・・・・ジパング・クラブ3割引割引
4,990円
千葉・韮崎間特急自由席料金 2,100円X2X0.7・・ジパング・クラブ3割引割引
2,940円
朝食駅弁+お茶 470円+130円
600円
夕食のとろろ蕎麦+生ビール小 870円+350円
1,220円
韮崎・瑞牆山荘間タクシー代シェア 1,800円
1,800円
合 計 掛かった費用の合計
11,550円