三ッ峠山登山の写真

午前5時37分に千葉の自宅を発ち、10時10分にこの三つ峠登山口への入口に到着。

一先ず旧御坂トンネル手前の道路脇に車を駐車して歩き出す。
しかし、15分ほど歩いた所に無料駐車場があったので、引き返してそこに車を駐車しなおした。
登山口入口からはまだ舗装された林道だ

水の綺麗な谷川を渡る。
西川林道と三ッ峠山道の分岐点。
三ッ峠への山道に入ってすぐに無料駐車場がある。

無料駐車場で一休みする。

いよいよ三ッ峠への山道の登りに入る。

登山道は広いしそれ程急でないので楽だ。

ベンチがあったので一休みする。
雲行きはいよいよ悪くなり、終に雨が降り出す。

ずぶ濡れになって三ッ峠山荘に逃げ込む。
暖かい味噌汁のサービス(有料)は何よりだ。
小雨になったので三ッ峠山頂(1785m)に登る。

本来ならば、ここからは富士山の素晴らしい姿が臨める筈だが。
止む無く「カシミール3D」を使って、三ッ峠山頂からの富士山のシミュレーション写真を載せます。
この図形は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用し(承認番号 平業使、第268号)、「カシミール3D」ソフトを実行して作成しました。

下山途中で雨に濡れた花々を楽しむ「クルマユリ」。

キツリフネソウ(山頂付近では黄、山麓ではピンク色をしている)
雨露を貯めて光る「シシウド」の花

雨に濡れて雫をたらす「ソバナ」
登山口に近づくと、ようやく雨が止んだ。

河口湖畔のホテル着いたが、相変わらず富士山は姿を見せない。翌日も雲が晴れず、今回の山行は全くついていない。
翌日オルゴールの森美術館に出掛ける。

丁度スイス・フェアをやっていて、アルペン・ホルンの演奏が聴けた。
オルゴールの森美術館は湖畔の美しい庭園だ。

チェコの女性弦楽四重奏も楽しめた。
巨大なオルゴールの展示だ。

オルゴールの森の美術館の駐車場横のうどん屋で食べた「ぶっかけうどん」はおいしかった。

三つ峠山の花々

ガクアジサイ

アジサイの一種?

これもガクアジサイ?

????????
???????

ソバナ
??????
???????

レンゲショウマ
カイフウロの一種?

ハコネギク?或いはエゾムカシヨモギ?
ホタルグサ

??????
ソバナ

??????

??????
ツリフネソウ
キツリフネソウ