日光・半月山登山の行程

(スポット写真は青色下線の文字をクリックすると表示されます)
(表示されたスポット写真を閉じるには右上端の「X」のクローズ・ボタンをクリックして下さい)

日  時
 行     程
平成18年10月19日(木)
4:20 
起床。  ストレッチ体操と洗顔だけして、朝食は摂らず。
5:10 
自宅を家内に車で送ってもらい出発。 
5:22 
土気駅でJR外房線の上り1番電車に乗る。まだ薄暗いのに通勤の人々が多い。
5:42 
千葉駅到着。 用心の為駅構内のトイレで用を済ましておく。
6:00 
千葉NTTビル前からチャーター・バスが出発。
6:40 
湾岸自動車道の市川SAでトイレ休憩10分。 
7:40 
東北自動車道の蓮田SAでトイレ休憩。ここで松戸からのバスと合流。
10:10 
日光市街に入る直前に少し渋滞があったが、いろは坂はスムーズに通過し、
予定より1
0分遅れで中禅寺畔のバス・ターミナル前に到着
10:20 
バス・ターミナル広場で準備体操の後出発。茶の木平への道は最初から急登で喘ぎ登る。
11:20 
茶の木平(標高1,606m)に到着し、10分の休憩を取る。
眼前に男体山の威容が迫る。中禅寺畔の標高が1,270mなので一気に340m登ったことになる。 ハイキング参加者全員で記念撮影をする。
12:20 
展望台に到着し、ゴージャスな眺望を楽しむ
12:50 
狸山(標高1,620mで、むじなやまと読ませる)に到着し、ようやく昼食休憩35分間。
狸山頂上の先にまた展望台があり、そこからの眺望も素晴らしい
眼前に小高い半月山が聳えるが、一旦中禅寺湖畔スカイラインの駐車場に降りて、また登らなければならない。
13:30 
中禅寺湖畔スカイラインの駐車場に降り立つ。ここでリタイヤーする人を募って、その方たちはバスで下山して行く。残りのハイカーは再び半月山頂上を目指す
14:30 
標高1,753mの半月山頂上に到着。頂上の少し先にまた展望台があり、またまたゴージャスな眺望を楽しむ。ここから半月峠までが急な下りとなる
15:05 
ようやく半月峠に到着
15:50 
長い長い下りが続き、中禅寺湖畔の狸窪(むじなくぼと読ます)に到着
16:00 
イタリア大使館跡の公園を通過、立木観音に到着。
ここからの湖越の男体山の眺めは言葉に表わせない程だ。
16:30 
ようやく中禅寺湖畔の駐車場に帰着。
予定より可也遅れたので、今市での温泉入浴は残念ながら中止となった。
6:50 
バスは駐車場を発って帰路につく。
18:25 
宇都宮ICで東北自動車道に入る。
途中コンビニで飲み物を仕入れたり、いろは坂の大渋滞に巻き込まれたりして大分遅れた。
20:00 
河口「SAでトイレ休憩。
21:00 
千葉駅に奇しくも予定通りに帰着、解散。
21:22 
千葉駅発下り外房線に乗る。
21:49 
土気駅着。
22:00 
家内に車で迎えてもらって無事帰宅。

掛かった費用

大 項 目 費 用 明 細 金 額
ツアーのバス代 4500円X1人
4,980円
事務費と保険代 500円X1人
500円
夕食代(河口SAでラーメン定食) 700円
700円
JR電車賃(土気ー千葉間往復) 320円X2
640円
合 計 掛かった費用の合計
6,820円