山行の行程とスポット写真

日 時
アクティビティー
平成16年6月5日(土) 往  路
5:30
起床  心配していた天候はまずまずの晴天
7:00
家内の車で家を出立
7:08
土気発外房線上り快速電車に乗る
7:43
津田沼駅着
8:00
津田沼駅前で椿坂さんの車に便乗させていただく
8:05
京成津田沼駅で牛島さんが合流
12:00
首都高が大渋滞なので、高速に乗らず八王子まで行き、うどん屋で昼食
12:40
八王子インターで中央高速に入る
15:00
豊科インターで中央高速長野道を降りる
16:00
白馬を通過
16:35
小谷温泉の山田旅館に到着
18:00
夕食   22:00就寝
ー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平成16年6月6日(日) 登山のコース・タイム
6:00
起床  心配していた天候はまずまずの薄曇、朝食7:00
7:35
車に分乗して山田旅館を出発、白井先生以下総勢23名
7:44
登山口道路に入り、雨飾山が前方に見え隠れ、胸が躍り始める
7:50
登山口に到着、は出発の準備をする
8:00
登山口を出発、 しばらく平坦な湿原を行く
8:10
小川に岩魚の泳ぐのが見えたり、水芭蕉が可憐な花を咲かせている
8:15
湿原が終わり、道標「2/11」に到達する  道標の「1/11」は400m
8:16
道標「2/11」より急登が始まり、一行はるんるん気分から喘ぎ登りに変わる  
8:50
ぶなの樹林帯を歩き、雪が残る窪地で第一回の休憩をとる
9:13
時折小さい雪渓を横切る、 林の中には可憐なイワカガミの花が咲いていた
9:25
ぶなの樹林帯が切れ、荒菅沢雪渓と雨飾山がその全容を現す
9:30
荒菅沢出会の雪渓に到着  全員の記念写真を撮る
9:45
15分の休憩の後、2番目のきつい急登に入る
10:40
道標「8/11」の見晴らしの良い尾根に出るが、足場の悪い登りが続く
11:10
標高1,840mの笹平に到着、ばらばらになった幾つかの班は自主休憩する
雨飾山頂は眼前でもう一息だ、 足元には「ハクサンイチゲ」が咲き乱れる
11:15
振り返ると眼下に荒菅沢の雪渓が目が眩むように急降下している
11:29
最後の道標「11/11」に到達、先に到着した人が「もう直ぐ頂上よ」と声
11:30
雨飾山頂上の標高1,963mに到達、一息つき各自行動食をとる
西に妙高の連山が、南東に白馬連山が、北に糸魚川と日本海が臨めた
全員で記念撮影(残念ながら筆者は入らない)
春の雲とカメラの所為で白馬連山や妙高連山がはっきり撮影出来ないので、国土地理院の地図データを元に「カシミール3D」を使ってシミュレーション写真を撮影しました。
白馬連山のシミュレーション写真妙高連山のシミュレーション写真をご覧下さい。
11:50
頂上から下山開始、 時折ぱらぱらと雨が舞い始める
12:00
笹平を通過
13:15
荒菅沢出会いの雪渓の上で休憩を取る
13:20
荒菅沢を後にするが、この頃より疲労困憊し、膝が笑う
14:45
登山口に帰着、車に分乗して山田旅館へ向う
登山口ー頂上間の
往復歩行距離:9km、標高差:815m
所要時間:6時間45分、万歩計歩数:17,100歩
15:00
山田旅館に到着し、温泉に入るなど各自休憩する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
復  路
16:45
椿坂さんの車に便乗して、帰途につく
18:00
信濃大町駅前のそばや「がんこや」で夕食、白石組と木内・平野組も合流
21:15
予想された渋滞もなく、中央高速から東京都内に入る
22:00
津田沼駅前で車を降り一行と別れる、22:05の下り快速に乗る
22:42
外房線土気駅に帰着
23:00
家内にピックアップ頼み帰宅