会津駒ケ岳登山の写真

午後6時、宿の心のこもった夕餉の宴ー裁ち蕎麦が格別美味だ

翌日午前6時10分、山びこ山荘から出陣の一行
午前6時25分、林道終点の竜沢登山口から歩き出す
初っ端から急な階段を緊張の面持ちで這い上がる

深い渓谷は始めは見事なブナの原生林だ
高度が上がるに従ってオオシラビソ(青森トドマツ)が増えてくる

午前8:10疲労困憊の末、水場分岐に1時間45分掛って到着。
ここで朝食のおにぎり1個を摂って元気を付ける。

8:30、一行は回復して水場分岐を出発
勾配はやや緩やかになり、暫らく登ると周囲の山並みが見えてくる

樹の間がくれに会津駒の頂上らしき姿も現し、更に元気が出てきた
見通しが好くなると、ご婦人登山隊も笑顔が出てくる

その内に左手に尾瀬の燧ケ岳らしい山の頭が姿を現し、元気百倍
潅木帯に入ると紅葉が見事だ

尾根筋の会津駒の肩ノ小屋が見えてきた
尾根筋の会津駒の肩ノ小屋の景色はおとぎ話の中の絵のようだ

草紅葉の先に会津駒ケ岳の頂上が見えて来て、一段と歩きも早くなる
草紅葉の先に池塘、その先に霞んだ山々!! 絵になるねー 草紅葉の先に建つ肩ノ小屋、この日出あった唯一の団体が降りてくる

あと一歩でおとぎの国の肩ノ小屋に到着!!
午前10時20分肩ノ小屋に到着、歩き出してから3時間45分

駒ノ大池越しに臨まれる会津駒ケ岳山頂と逆さ駒ヶ岳
頂上に登るに従って眼下に駒ノ大池と肩ノ小屋が小さくなる

南方に堂々と裾野を引いた尾瀬の燧ケ岳。 その左に富士山のかすかなシルエットがあるのだが、残念ながらこのカメラでは捕らえられない。

午前11時10分、登山口から歩き出してから4時間45分で頂上に到達した一行。
頂上から一旦北の中門岳方面に下りる

眼下に見える湖は奥只見ダムの更に上流の大津岐ダム
潅木帯にはナナカマドが秋の装い

午後4時、歩きだしてから8時間半も掛けて滝沢登山口に帰還

翌日午前9時45分、山びこ山荘の皆さんと記念撮影の後帰途に付く。写真前列中央がご主人、後列左が息子さん、中央が奥さん。

 山に登る一つのモチベーションは何といっても山頂に立った瞬間の達成感と、そこからの眺望の素晴らしさに酔いしれることです。今回の山行きは、降雨確率60%という予報の中で、雨に降られなかったという幸運に恵まれったものの、残念ながら山頂からの周囲の山々の名指しという点ではチョット物足りない感じがあったことは否めませんでした。更に周囲の山々を撮った写真はカメラと撮影者の腕前の所為もあって、ハッキリとした写真をとることが出来ませんでした。

 仮想的なモデル或いはシステムを構築して、それに実際のデータを適用して、実際には実現できないことを実験的に実行してみることをシミュレーションと言いますが、このような場合「カシミール3D」というソフトに国土地理院より提供される地図データを入力することによって、実際に見ることが出来ないような山の写真を撮ってみることが出来ます。

 そこで、山頂に「カシミール3D」の仮想カメラを置いて、天候さえ良ければ会津駒ケ岳山頂から臨めるであろう周囲の山々をを撮ってみました。 

上のシミュレーション写真は会津駒ケ岳頂上に「カシミール3D」の仮想カメラを据えて南南南東に向けて撮ったものです。
この図形は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用し(承認番号 平業使、第268号)、「カシミール3D」ソフトを実行して作成しました。

上のシミュレーション写真は会津駒ケ岳頂上に「カシミール3D」の仮想カメラを据えて南南南南西に向けて撮ったものです。
この図形は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用し(承認番号 平業使、第268号)、「カシミール3D」ソフトを実行して作成しました。