編集後記

 今回の山行に関して第一に感謝しなければならないことは、Ktさんご夫妻が自家用車を提供してくださり、その上ご主人が往復ともずっと運転の労を買って下さったことです。そのお陰で私たち夫婦は大変楽な旅行が出来ただけでなく、旅行会社で行くツアー並みの安い費用で済ますことが出来ました。この場を借りまして改めてお礼申し上げます。

 次に、反省しなければならないことは、私たち”後期高齢期”の夫婦が年甲斐もなく標高差1,200mもある山に登り下りを日帰りで挑んだことでした。山形の鳥海山の4合目の大平山荘に嵐で閉じ込められ、鬱憤晴らしにKtさんご夫妻にこの山行に同調したのは、正確な会津駒ヶ岳のデータを持ち合わせておらず、多分標高差800m位であろうと高をくくってのことでした。後で調べた結果、標高差が意外にも1,200mもあることが判明したにも拘らず、日帰りで登り下りする計画を変更しなかったことは大変な迂闊でした。その為に下山時に水場分岐を過ぎた辺りからの私たち夫婦の疲労困憊振りは大変なもので、Ktさんご夫妻にはご迷惑をお掛けしました。今回の経験で学んだことは、標高差が800m〜1,000m以上の登山では頂上付近の小屋泊まりの計画にするべしということです。

 最後に特筆すべき事は、民宿「山びこ山荘」のご家族の皆さんが一体となっての心のこもったおもてなしのお陰で今回の私達の山旅行が大変快適なものになったということです。

 奥さんの気配りの行き届いた清潔なお宿、優しいご主人の対応と美味しい地元料理、甲斐甲斐しく働く息子さんの姿等などは客として大変気持ちの良いものです。

 

 裁ち蕎麦の美味しさは何回食べても飽きないものです。独特の郷土料理「はっとう」も中々のデザートです。

 「燧の湯」も大変清潔で好い温泉です。 宿泊者は無料で入浴できるのは最高です。 

 旅行計画者のためのホームページ(URL: http://www.f-onsen.com/yamabiko/index.html
も大変纏まっていて立派なものです。