安達太良山北峰縦走の写真

午前6時50分に千葉を発ち、12時15分にこの奥岳温泉の登山口に着いた。

ここはスキー場でもあり、ロープウェイが標高1,350mの薬師岳まで通じている。
このロープウェイを使えば標高1,700mの安達太良山頂まで約1時間半でたどり着くと言われています。
登山口から暫らくは緩やかで整備された道が続く。

何故なら、この道は安達太良渓谷の自然遊歩道になっているからです。
30分ほど登るとスキー場を見渡せる展望台に出る。
勢至平(せいしだいら)に近づくと「イソツツジ」が沢山咲いていた。

登山口から1時間20分で勢至平(せいしだいら)に到着。  晴れていればここから安達太良山の主稜の乳首や矢筈の森、鉄山の突起が臨まれる筈であるが、この日は全く見えない。

これは何という花でしょうか?

ツマトリソウ(端取草)
水場の冷たい水を手酌で飲む

登山口から約2時間でくろがね小屋が谷間に見えて来た。

くろがね小屋は鉄山の麓にあった。
くろがね小屋の前でくつろぐ。

くろがね小屋の前で部屋の準備が出来るのを待つ。
朝5時半ガイドの三瓶さんの注意を聞く。

くろがね小屋の温泉の源泉で話を聞く
チョット霧が晴れたが直ぐ元に戻る。あれは矢筈の森か?

峰の辻で振返ると眼下にくろがね小屋が見える。
これは何という花でしょうか?

これは何という花でしょうか?
イワカガミ

ツマトリソウ(端取草)
尾根筋に取っ付くと霧と風が一層強くなる。

尾根から吹き飛ばされないように腰を低くして歩く。
小屋を発ってから約1時間半でようやく頂上に達する。あたり一面真っ白な霧。

霧の中で記念写真。
安達太良山頂を発ってから約40分で鉄山の登りに入る。

鉄山の西面にイワカガミの見事な群生

鉄山避難小屋で一休止

箕輪山頂にて
雪渓の横を注意して降りる

石楠花の蕾
鬼面山の麓で一休止

鬼面山の山頂で眺望はまずまず晴れてくる。
鬼面山から西に臨めた磐梯山

鬼面山から北に臨める東吾妻山(1,482m)と眼下の野地温泉
鬼面山の斜面に「ミネウスユキソウ」の一群が咲きかかっていた

野地温泉に下がる見事なブナ林
野地温泉から見上げた鬼面山(1,974m)
野地温泉ホテルのお湯も乳白色で湯量も豊富であった

野地温泉から見上げた東吾妻山(1,482m)

帰途の東北自動車道の安達太良SAでようやく姿を見せた安達太良山
天候に恵まれなかった為、肝心の安達太良山の山容を写した写真が一枚も撮ることが出来ませんでした。偶々、山友達のKさん夫妻が数日後に安達太良山登って良い写真を撮られたというので、以下に何枚か頂戴して、以下に掲載させて戴きました。
峰の辻分岐より安達太良山頂を臨む

安達太良山頂より馬ノ背、鉄山方面の尾根筋を臨む
沼の平の旧噴火口

ウラジロヨウラク