安達太良山北峰縦走

峰の辻付近より見下ろす「くろがね小屋」

 これまでの登山記録であれば、この第一頁にはその山行での圧巻の写真、今回の場合なら安達太良山頂を臨む写真か或いは山頂からの素晴らしい眺望の写真を載せるところであります。残念ながら前夜宿泊した「くろがね小屋」を早朝出発してから安達太良山頂を経て北峰の箕輪山に至まで悪天候で霧と強風の中をひたすら足元に注意して歩を進めるのみでありました。出発前に夢見た高村光太郎と智恵子が見たという安達太良山の山容すら全く目にすることが出来ませんでした。非常に残念な山行でありました。従って、止む無くこの頁には前夜乳白色の豊富な源泉垂れ流し温泉を楽しんだ「くろがね小屋」の俯瞰写真を載せることにしました。

 安達太良山登山はクラブツーリズム千葉支社の「やまびこ倶楽部」の今年の予定ツアーの中で真っ先に参加したいと思った山行でした。その理由は至って簡単で「登山初級B」と格付けされている通り体力が近年とみに落ちてきた小生でも大丈夫そうだということと、宿泊する「くろがね小屋」の乳白色の温泉に魅かれたからです。

 智恵子は東京に空が無いという、ほんとうの空が見たいという。 ・・・・・・  
 
あれが阿多多羅山、あの光るのが阿武隈川。

小生もあの有名な乳首のような円錐峰の山が臨みたかった。 山頂から光る阿武隈川を見下ろしかった。次回は奥岳温泉からロープウェイに乗ってでも晴れた空のもとでこの山にもう一度登ってみたいと思いました。