富士の秀嶺を眺める機会に関しては、私達家族は全く運に恵まれていませんでした。

これまでに富士山眺望の最高のポイントとして有名な三つ峠登山を3回も試みましたが、一度たりとも秀嶺を拝することがありませんでした。

 

去る年の暮は例年になく何かと忙しない日々が続いたので、正月はせめて雄大な富士の姿を眺めて大きな心持になりたいと思ってこの2泊3日の旅を計画しました。

 

休暇村富士は4月と8月のダイアモンド富士を拝める場所として知られていますが、いざ到着してみると田貫湖越しに臨める富士山は分厚い雲に覆われて臨むことが出来ず、この旅の期待にも暗雲が立ち籠めていましたが・・・・。 時は平成25年1月7日(月)のこと。

一日目の行程

雲に覆われた富士山
第1日目、到着時の雲に覆われた富士山 → カーソルを載せると第2日目の見事な富士が現れる。

下の写真をクリックすると、より大きな写真が表示され、スライドショウとしても見ることが出来ます。

湖畔の道
チェックインの後、
田貫湖一周のウォーキングに出かけた
湖畔から臨む休暇村の建物
湖畔から眺めるとは休暇村の建物が
山懐に抱かれているがよく判る
 
氷結した田貫湖
田貫湖の湖面は半分ほど凍っていた

突然雲が切れて富士が少し見えてくる
午後4時頃になって突然雲が切れて
富士山が姿を現した
 
徐々に雲が切れて富士が現れる
その後少しづつ雲が切れてきたが、
残念ながらこの日はここまで
休暇村に帰りつく
1周約1kmの遊歩道を1時間かけて歩き
ようやく休暇村に帰りついた
温泉浴場
夕食前に温泉入浴
浴場の窓からも真正面に富士山が臨める
バイキングの夕食
夕食はバイキング
あれこれ摂るとどうしても食べ過ぎになる

▲このページのトップへ