下の写真をクリックすると、より大きな写真が表示され、スライドショウとしても見ることが出来ます。

朝の富士山の移り変わり

朝6:15の富士山

朝6:15の富士山:

日の出前に休暇村の部屋の窓から覗くと富士山のシルエットが微かに認められ、本日の期待感が湧いて来た。

朝6:45の富士山

朝6:45の富士山:

日の出前であるが富士山のシレエットがはっきり認められた。

朝7:00の富士山

朝7:00の富士山:

丁度日の出と共に富士山の姿が明確に現れた。

朝7:15の富士山

朝7:15の富士山:

太陽の光が差し始めると富士山の雪のない山裾が赤みを帯び始めた。

 
朝7:30の富士山

朝7:30の富士山:

太陽の熱で温められた山裾に霧が立ち始めた。

朝8:15の富士山

朝8:15の富士山:

富士山の一帯の気温が上昇し始めて、雲が湧きはじめた。

富士三湖巡りのバス・ツアー

2日目の朝食の選択

2日目の朝食の選択:

昨夜のバイキングでは欲張り過ぎたので、今朝は控えめにした。

千円札で有名な本栖湖を背景に

千円札で有名な本栖湖:

大きい写真では人物像は遠慮して出さない。

富士ナンバーのツアー・バス

ツアー・バス:

富士ナンバーは全国でも憧れの的の番号だそうです。因みにこの富士三湖巡りのバス・ツアーは休暇村富士主催で昼食付3,000円でした。

精進湖からの富士山

精進湖からの富士山:

前面に大室山という小さい山が見えるのでここからの富士は子抱き富士とも言われているそうです。

 
西湖いやしの里根場

西湖いやしの里根場:

かつて日本一美しい茅葺きの集落 でしたが、21世紀の茅葺 きの里が"いやしの里"として甦りました。

茅葺部落越しの富士山

茅葺部落越しの富士山:

日本の原風景ともいえる茅葺屋根越しの富士山はここだけだという。

西湖越しの富士山

西湖越しの富士山:

この西湖で田沢湖にのみ生息していた固有種であるクニマスが平成22年生息が確認された。

青木ヶ原樹海

青木ヶ原樹海:

西湖近くの野鳥の森公園から100m程この樹海の中を歩いてみた。

朝霧高原より臨む富士山

朝霧高原より臨む富士山:

頼朝の巻狩りで名高いこの広大な高原から臨む富士山は雄大そのものだ。

田貫湖の逆さ富士

田貫湖の逆さ富士:

午後休暇村に戻ったら、氷が融けた田貫湖の湖面に逆さ富士が浮かんだ。

夕刻の逆さ虹富士

夕刻の逆さ紅富士:

日の入り真近の4時40分ころ紅色に染まった逆さ富士が湖面に映るというので、湖畔周歩を再度試みたら・・・。

休暇村富士よさようなら

休暇村富士よさようなら:

3日目の1月9日朝9:20直通高速バスで帰途に就いた。
バス代は往復5,400円とお徳用。

下のルート地図上のアイコンをクリックすると、その場所の情報窓が表示されます。地図の拡大・縮小や移動も出来ます。(但し、IEのみ)

ツアー・バスのルート地図

▲このページのトップへ