旅の行程

平成24年3月7日(水)

旅の雑感

 東京生まれで東京育ちの筆者が東京を離れて房総の田舎に引っ込んでから早や25年になります。

 近頃では旅の途中で東京を通過することはあっても東京の街中を用事で歩くことは殆どなくなり、東京の変わりようには全く疎くなっています。

 偶々、旅行会社から送られてきたPR冊子に千葉からバスで東京の新名所を案内してくれるという ものを目にし、久しぶりにお上りさんになって最近の東京を見物してみようかなという気持ちになりました。

 今年、平成24年の2月12日にベイ・エリアの渋滞解消のために開通したばかりの東京ゲート・ブリッジとこの4月に営業開始予定の東京スカイ・ツリーを真近で見せてくれるという。

 2003年に開業したという六本木ヒルズはそれほど目新しいとは言えませんが、筆者はこれまで入ったこともなく、シティー・ビュー展望台に登るのは勿論初めての経験でした。生憎の春の天候で展望台からの眺めは東京タワーの先は霞んでいて羽田空港などは見えませんでした。

  ヒルズより 昭和の塔は かすみおり

六本木ヒルズ

 その上、朝食には築地場外市場の「すし一番」で江戸前にぎり寿司が出され、昼食は汐留の電通ビル47階の日本料理店「なだ万」でビュッフェ・タイプの和食が食べられるという。何とこれで庶民でも手の届く9,980円というツア料金であるという事でした。

すし一番

なだ万

汐留47での食事は昔NYで働いていた頃、世界貿易センターの最上階のレストラン「Top of the World」で食事をした折のことを思い出しました。

 昼食後はバスで銀座通りを銀ブラという経験を経て浅草に至り、吾妻橋から完成なった東京スカ・イツリーの雄姿をカメラに収めることが出来ました 。

 圧巻は亀戸から夢の島公園を経て若洲公園に降り立ち、話題の東京ゲート・ブリッジの撮影会で今回の東京見物は締めくくられました。

  春かすみ 昭和は 遠くなりにけり

 

 

 

海浜幕張駅前からのルート地図

築地すし一番

築地場外市場の「すし一番」前にて


築地魚市場

築地魚市場入口ーこの日は休業で入れなかった


麻布十番赤い靴の女の子像

麻布十番の赤い靴の女の子「きみちゃん」像


六本木ヒルズ  

六本木ヒルズ展望台より羽田空港方面を臨む


六本木ヒルズ森ビル

六本木ヒルズの森ビル塔  


汐留電通ビルよりレインボウ・ブリッジ

  日本料理「なだ万」よりレインボウ・ブリッジを俯瞰する


電通ビルより浜離宮

日本料理「なだ万」より浜離宮公園を俯瞰する


なだ万の料理の一部

日本料理「なだ万」のビュッフェ料理の一部


電通ビル

汐留電通本社ビル


浅草吾妻橋よりスカイツリー

浅草吾妻橋より東京スカイ・ツリーを臨む


ゲート・ブリッジへのエレベーター塔

ゲート・ブリッジ見学に登るエレベーター塔


若洲公園よりゲートブリッジ

若洲公園よりゲート・ブリッジを臨む