昭和音大の合宿 

 サイト・トップ 

旅の行程

例年の夏は奥志賀で過ごしていたが、今年は趣向を変えてこの白樺高原で過ごすことにしてみました。

第1日目 8月16日(木)

  • 07:00 起床
  • 08:00 朝食
  • 10:00 出発
  • 10:42 市川SAで10分のトイレ休憩
  • 12:40 談合坂SAで50分の昼食
  • 14:50 南諏訪ICで高速道路を降りる
  • 15:00 蓼科高原CCで明日の予約
  • 15:55 白樺高原のペンションに到着
        Pレザンドールにチェックイン
  • 16:30 女神湖畔散策
  • 18:30 ペンションで夕食(フレンチ)
  • 20:00 入浴
  • 22:00 就寝

第2日目 8月17日(金)

午後、蓼科高原ゴルフ・クラブでゴルフをするが、 4ホール目で物凄い雷雲が襲来したために、途中で打ち切り、ゴルフ場の温泉に入って帰ってきた。

第3日目 8月17日(土)

 

朝のうちににペンション・レザンドールをチェックアウトし、 最初に予約しておいたペンション・る・ぐらんに移った。 その後、直ぐに蓼科山登山に向かったが、石ころ道の急登と頂上直下の岩場で難航して帰り着く までに8時間も掛ってしまった。

 

第4日目 8月19日(日)

インタネットで予約してあった望月東急ゴルフクラブでゴルフした。この日は雷雨にも会わず にプレイを楽しむことが出来た。 高原のゴルフ場であるにも拘らず割合平坦でよいゴルフ場であった。

第5日目 8月20日(月)

午前10時半より同じペンションに合宿中の昭和音大の学生の発表会に出席できて、学生たちのピアノやバイオリンの演奏を楽しく観賞出来た。

夜はペンション宿泊者やご近所の人達が集まって野外のバーベキュー・パーティーが催うされた。

 

第6日目 8月21日(火)

朝ペンションをチェックアウトし、帰途には上信越自動車道廻りで、途中小諸の懐古園に寄って帰宅した。

白樺高原の第1日目

写真をクリックすると、拡大写真が現れ、スライド・ショウにして見ることも出来ます。

ペンション レザンドール

最初の2日間はこのペンション・レザンド-ルに滞在した。大変静かで涼しい所であった。 第一候補のペンションがその2日間の予約が取れなかったからです。

女神湖公園

女神湖の周辺は公園になっていて、その入口には乙女像が建っていて、いかにもリゾ-トであるという雰囲気を醸し出していた。湖畔にはレストランや美術館やお土産店などがちらほら点在していた。

女神湖から蓼科山を臨む

女神湖の対岸に廻ると湖面越しにこの地域の象徴であるゆったりとした蓼科山の姿がが臨まれた。湖面にも蓼科山の姿が映っている

蓼科山とスキー場

2日後に登る計画を立てている蓼科山は、先ず左の鞍部にある将軍平に取っ付き、それから山頂までの急こう配の岩場を登ることになる。

女神湖の堤防から臨む蓼科山

女神湖の堤防から臨む蓼科山。この風景から推察すると、女神湖はこの堤防によって作られた人造湖のようだ。

女神湖の堤防の上から車山も臨まれた。山頂の気象レーダーもかすかに認められた。

女神湖から臨む車山
高山植物フシグロセンノウ

湖畔の遊歩道からは様々な高山植物が観察された。左の花はフシグロセンノウというそうです。

オオバギボウシ

左の花はオオバギボウシというそうです。その他約20種類くらいの高山植物を見かけました。

ペンション・レザンドールの夕食風景。この日は6組の客が一堂に揃った。殆どの客が一泊の客であった。

レザンドールでの夕食風景
夕食のフレンチ料理

夕食はフレンチ料理のフルコースで右の写真は前菜のオードブルでした。因みに朝食は自家製の温かいパンが出た。

白樺高原一帯の地図

地図は拡大・縮小出来ます。 ドラッグして移動も出来ます。 アイコンをクリックすると情報窓が開きます。 3Dの地形図にも変えられます。

このページのトップへ