クルージング行程

大崎下島に就いて

大崎下島の御手洗港は瀬戸内海の中間地点にあたり、潮目が変わる場所でもあり、また多数の島に囲まれた湾が存在する地形であるため、古来から瀬戸内海の「潮待ち」「風待ち」の港として栄えたということです。

大崎下島、豊島、上蒲刈島、下蒲刈島は広島県の呉市から橋で繋がれ、「安芸灘とびしま海道」と呼ばれている大変風光明媚な島並です。

現代ではサイクラーの絶好の訪問地となっていますが、往時は瀬戸内海交易の中継地点として御手洗港などは劇場、蔵元、花街、神社など町として何でも揃っていた面影を残しています。

江戸時代には500人以上の朝鮮通信使の一団が対馬海峡を渡り、瀬戸内海を経て、江戸に向ったということですが、その12回のうち11回もこれらの島で休息・宿泊して各藩の手厚いもてなし受けたということで、下蒲刈島の松濤園には「御馳走一番館」として色々な当時の資料が展示されていました。昨今のギクシャクした外交関係はこの頃の鷹揚な付き合い方に学ぶところがありそうです。

第3日目:大崎下島~壱岐島間の航行ルート

地図上のアイコンをクリックすると、その場所の情報窓が表示されます。 地図は自由に拡大・縮小出来ますし、ドラッグして移動も出来ます。

 

下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
拡大写真の右上の「next」ボタンをクリックするとスライド・ショウになります。

大崎下島港
大崎下島の沖合に停泊

朝食のセレクション
御手洗
通船で御手洗に上陸
蘭島美術館
下蒲刈島の蘭島美術館を見学する
松濤園
下蒲刈島の松濤園を見学する
ご馳走一番術館
下蒲刈島の「ご馳走一番館」を見学する。
ディナー
ディナーで飯田総料理長と
ピアニスト
ピアニストの西村由紀江さんと
ダンス・パーティー
ダンス・パーティーで踊る

下の動画は大崎下島を出港した折にLive配信されたものをYouTubeに転送して再生するものです。

▲このページのトップへ