わが街あすみが丘の四季

以下の写真は住民の Kwさん とTkさんより寄贈されました。


春一番に創造の杜公園にお目見えする花は仄かな香りを漂わせる梅の花です


次いで桜の花の直前にお目見えする花は白木蓮(white magnolias)です


しかし何といっても圧巻は満開の桜でしょう

その次に来るのはつつじ(azalea)です


街路樹を夏の装いにするのはメタセコイア(Metasequoia)です


夏の終わりを印象付けるのはサマー・フェスティバルの花火です


夏が終わると街の外は直ぐに収穫の秋です

秋の創造の杜公園も紅葉で鮮やかです


秋の装いが池の水面によく映えます

それぞれの木々が自分たちの最後の主張をしているようです

街路樹も勿論秋の装いになります

晴れた冬の空には遠く富士山も臨めます


冬の夕暮れの空も風情があります.

1月から2月にかけて時々積雪もあります

メタセコイヤの冬の装いもまた忘れられません

積雪は子供たちへのプレゼントです