筆者の旅の行程

平成25年11月9日(土)

敦賀市内から色ヶ浜を経由して長浜市内までの写真説明

写真をクリックすると、拡大写真が現れ、 「next」ボタンでスライド・ショウにして見ることも出来ます。

金前寺
金前寺

天平8年(736年)、越前の僧泰澄が金崎山に草創と伝えられる古刹。何度かの焼失の後、 現本堂は平成元年再建の新しいもの。境内に寛政5年建立の芭蕉鐘塚がある。

金前寺の芭蕉鐘塚
金前寺の芭蕉鐘塚

寛政5年(1793年)建立の芭蕉鐘塚。
 月いづく 鐘は沈める 海のそこ
新田義貞の南朝軍が立て籠もり足利軍に敗れた時の陣鐘を後で引き揚げようとしたが、 逆さに沈んでいて引き揚げられなかった話を聞いて詠んだという。

金ヶ崎宮
金ヶ崎宮

敦賀港を見下ろす小高い山にある金ヶ崎城跡の南西中腹にある後醍醐天皇の皇子恒良親王を祀ってある神社。 明治23年に創建された。

金ヶ崎宮からの眺め
金ヶ崎宮からの眺め

神社の裏手から城址に続く道を花換の小道といい、 そこから敦賀の市街地と港が見える。明治大正時代はウラジオストックの玄関口だったそうだ。

砂もち神事の銅像
砂もち神事の銅像

気比神宮正面の大鳥居から大通りを隔てた向い側に、 土地の男と二人で土石を入れたもっこを担いでいる遊行上人と土を掘っている男の3人の像がある。

気比神宮
気比神宮

越前一の宮として仲哀天皇などを祀っており、古事記や日本書紀にも出てくる古い社で門扉には菊の御紋章が 飾られている。仲哀天皇の父は日本武尊である。

気比神宮境内の芭蕉の銅像
気比神宮境内の芭蕉の銅像

元禄2年8月14日の夜、芭蕉は夜参りにこの神社を訪れた。銅像の台座には芭蕉の句が刻まれている。
 月清し 遊行のもてる 砂の上

芭蕉句碑
芭蕉句碑と芭蕉翁杖跡碑

芭蕉句碑: 気比のみや
なみたしくや 遊行のもてる 砂の露 ばせを
芭蕉翁杖跡碑:
なみたしくや 遊行のもてる砂の露 はせを
月清し 遊行のもてる 砂の上 はせを 

芭蕉翁月五句碑
芭蕉翁月五句碑

荊口句帖『芭蕉翁月一夜十五句』より選ばれた芭蕉が敦賀で詠んだ5句。
 国々の 八景更に 氣比の月
 月清し 遊行のもてる 砂の上
 ふるき名の 角鹿や恋し 秋の月
 月いつく 鐘は沈る 海の底
 名月や 北国日和 定なき

市民文化センターの芭蕉翁月塚
市民文化センターの芭蕉翁月塚

敦賀市桜町の港に面した大通り角の市民文化センター前に芭蕉翁月塚が建っていた。
 国々の 八景更に 気比の月
近江八景などというように美しい景色を愛でる名所は山ほどもあるが、 ここ気比の月もこれに加えなくてはいけない。ハッケイとケヒを掛詞としている。

天屋玄流旧居跡
天屋玄流旧居跡

芭蕉が敦賀に滞在中色ヶ浜等に案内した回船問屋の旧居跡は敦賀市蓬莱町の 細い路地を入った所にある『あみや』と言う旅館の駐車場になっていた。


芭蕉逗留地出雲屋跡
芭蕉逗留地出雲屋跡

芭蕉が敦賀滞在中泊まった旅籠出雲屋は当時の唐仁橋町にあった。 現在は相生町でレストランうめだがある場所でした。