筆者の旅の行程

平成25年10月19日(土)

金沢を発って山中温泉までの写真説明

写真をクリックすると、拡大写真が現れ、 「next」ボタンでスライド・ショウにして見ることも出来ます。

小松天満宮
小松天満宮

明暦3年、3代城主前田利常によって菅原道真を祭神として小松城の東北側梯(かけはし)川の畔に小松城の鎮護のために創建された。

小松天満宮の芭蕉句碑
小松天満宮の芭蕉句碑

小松天満宮の山門の右側にこの芭蕉句碑が建てられていた。
 あかあかと 日は難面(つれな) くも あきの風

兎橋神社
兎橋神社(うはしじんじゃ)

平安時代の『延喜式神名帳』(九二七年)に「加賀国能美郡八座 莵橋神社」として登載されている古社。 芭蕉は7月27日(陽暦9月10日)は天気が良かったので、 諏訪神社(菟橋神社)の祭りを見物してから小松を出立したと 曽良の随行日記にある。

兎橋神社の入口右側にある芭蕉句碑
兎橋神社の入口にある芭蕉句碑

小松の山王社(本折日吉神社)の神主宅で開かれた句会に出席しして詠んだ句。
 しほらしき 名や小松ふく 萩すゝき
小松とはかわいい名前だ。その浜辺の小松にいまは秋の風が吹いて萩やススキの穂波をなびかせていることだ。土地への挨拶の句。

兎橋神社の向側ある芭蕉句碑
兎橋神社の向側の芭蕉句碑
(背後に漆原講師が写っている)

『奥の細道』の旅の途次、小松大川町の歓生亭で詠んだ句であるという(真蹟懐紙)。
 濡れて行くや 人もをかしき 雨の萩
雨に濡れる萩の花もまた風情のあるもの。その花を愛でんと秋雨に濡れながら眺めている人の姿も風情のあるものだ。

小松の寺町の町並み
小松の寺町の町並み

 傘の列 小径おかしき 秋の雨 長兵衛
小松の寺町を傘さして歩くのもまた風情のあるもの。 この小路の両側には寺が多く、歩道の幅が広く、主役は車より歩行者優先で歩きやすい。 その道を傘をさして秋雨の中を歩くのは乙なものだ。

建聖寺
建聖寺

曽良の随行日記によると小松には一泊の予定であったが、地元俳人達の要請を北支が受け入れて 立松寺に更に2泊したとあるが、この立松寺は今の建聖寺であるという。 門の左側に『芭蕉 留杖の地』の石碑が建っている。

芭蕉の木像
芭蕉の木像

建聖寺には北枝が彫ったとされる芭蕉の木像が所蔵されている。
また
 しほらしき 名や小松ふく 萩すゝき
の芭蕉句碑も境内に建っている 。

本折日吉神社
本折日吉神社

曽良の随行日記によると元禄2年7月25日(陽暦9月8日) 多太神社に参拝したあと近くの山王社(本折日吉神社) の神主宅で開かれた四十四(よよし)の俳諧興行の句会に参加したとある。

芭蕉の句碑
芭蕉の句碑

山王社の神官宅で開かれた四十四(よよし)の俳諧興行句会で芭蕉が詠んだ発句の句碑が境内に建てられている。
 しほらしき 名や小松ふく 萩すゝき
四十四(世吉とも書く)とは連歌百韻の一部を省略して四十四句にしたもの。

多太神社
多太神社(ただじんじゃ)

平安時代の『延喜式神名帳』に記載さ