芭蕉の旅の行程

芭蕉のイラスト





元禄2年6月6日~6月10日
    (新暦7月22日~26日)

 八日、月山にのぼる。木綿(ゆう) しめ身に引かけ、宝冠(ほうかん)(かしら) を包み、強力と云ものに道びかれて、雲霧山気の中に氷雪を踏てのぼる事八里、更に日月行道の雲関に入るかとあやしまれ、息絶え身こゞえて頂上に至れば、日没て月あらはる。笹をしき、篠を枕として、臥て明るを待つ。日出て雲消れば湯殿に下る。 
 谷の(かたわら) 鍛治小屋といふあり。此国の鍛治、霊水を撰びてここに潔斎(けっさい)して劔を打、(ついに) 月山と銘を切て世に賞せらる。かの龍泉(りゅうせん)に剣を(にら)ぐとかや。干将・莫耶(かんしょうばくや)のむかしをしたふ。道に堪能(かんのう)(しゅう)あさからぬ事しられたり。
 岩に腰かけてしばしやすらふほど、三尺ばかりなる桜のつぼみ半ばひらけるあり。ふり積む雪の下に埋れて、春を忘れぬ遅ざくらの花の心わりなし。炎天の梅花爰にかほるがごとし。行尊僧正の歌のあはれもここに思ひ出でて、猶まさりて覚ゆ。
 惣じてこの山中の微細、行者の法式として他言する事を禁ず。よって筆をとゞめて記さず。坊に帰れば、阿闍利(あじゃり)のもとめによって、三山順礼の句々短冊(たんざく)に書く。 

  涼しさやほの三か月の羽黒山 
  雲の峯幾つ崩て月の山 
  語られぬ湯殿にぬらす袂かな 
  湯殿山銭ふむ道の泪かな   曽良

八日、月山に登る。木綿注連を首に掛け、宝冠に頭を包み、強力という者に先導されて、 雲や霧が立ち込めて冷え冷えとした中を、氷雪を踏んで八里ばかり登れば、まさに日月の通り道にある雲の関所 に入ってしまうかと思いながら、息絶え絶えに、冷え切った身体で頂上に到着すると、折から日が暮れて、既に出ていた月が鮮明となった。
笹を敷き、まとめた篠竹を枕にして、横になって夜が明けるのを待つ。朝日が出て雲が消えたので、湯殿山の方へ下った。 谷の傍らに鍛冶小屋というのがある。この国の刀鍛冶、月山という人が、霊験のある水をここに選び、身を清めて剣を打ち、 ついに「月山」と銘を刻んで世にもてはやされた。これは、中国のかの龍泉の水で鍛錬したというのに通じるものだろうか。 その昔、名剣を作り上げた干将と妻の莫耶の故事を慕うものである。熟達した技を身につけるには、それに深くこだわること が大切と知られたことである。
岩に腰かけてしばらく休んでいると、三尺ばかりの桜が、つぼみを半分ほど開きかけていた。 降り積もった雪の下に埋まりながら、春を忘れずに花を開こうとする遅ざくらの花の心は実に健気である。 「炎天の梅花」が、ここに花の香を匂わしているようであり、行尊僧正のおもむき深い歌も思い出されて、 いっそうしみじみとした思いに駈られた。 一般に、湯殿山の細かいことは、修行者の決まりとして、他人に話すことが禁じられている。 従って、これ以上は筆を止めて記さないことにする。
南谷の宿坊に帰ったのち、阿闍梨の求めに応じて、三山順礼の発句を短冊に書いた。
  涼しさやほの三か月の羽黒山
   日の落ちた羽黒山に佇み、西の空を眺めれば、
   はるかな山のあたりに三日月が出ているよ。
   たちこめる山気の中に見る月は、神々しくさえ 感
   じられることである。
  雲の峯幾つ崩て月の山
   昼間の陽射しの中で、猛々しく起立していた雲の
   峰はいつしか崩れ、 今は、薄明かりに照らされた
   月の山が嫋(たお)やかに横たえているばかりであ
   るよ。
   語られぬ湯殿にぬらす袂かな
   いにしえより恋の山と聞こえた湯殿の里に分け入
   れば、語らず聞かずの幽谷の奥に尊き神秘を拝し
   、袂を濡らしたことであるよ。
   湯殿山銭ふむ道の泪かな   曽良
   湯殿山の霊域では、落ちたものを拾い上げること
   が禁じられている。こうした訳からだろうか、
   参道は、お賽銭を散り敷いたような有様であるよ
   。これを踏みつつお参りに上がると、 かたじけな
   い思いで涙がこぼれるのである。曽良

元禄2年6月10日(新暦7月26日)

 羽黒を立ちて鶴が丘の城下、長山氏重行といふもののふの家にむかえられて、 俳諧一巻あり。佐吉と共に送りぬ。川舟にのりて酒田の湊に下る。淵庵不玉(えんあんふぎょく)といふ医師(くすし)のもとを宿とす。
  あつみ山や 吹浦(ふくうら)かけて夕すずみ
  暑き日を海にいれたり最上川

羽黒をたって、鶴が岡の城下で長山氏重行という武士の家に迎えられて、俳諧を開催し、一巻歌仙を作った。 図司左吉もここまで送ってくれる。川舟の乗って酒田の港へ下る。その日は淵庵不玉という医者のもとに泊めてもらう。
  あつみ山や吹浦かけて夕すヾみ
    ここあつみ山から吹浦(海)を見下ろす。
   あつみ山と名前からして暑さを思わせる山から
   涼しい風を思わせる吹浦を見下ろすのは、しゃれ
   た夕涼みだ。
  暑き日を海にいれたり最上川
   最上川の沖合いを見ると、まさに真っ赤な太陽が
   沈もうとしている。 そのさまは、一日の暑さをす
   べて海に流し込んでいるようだ。

筆者の旅の行程

私の顔

平成25年6月13日(木)

平成25年6月14日(金)

芭蕉の足跡を辿って長兵衛が詠める

  口惜しや 翁登れし 峯臨む

 

  ありがたや 木株に坐して 月の風

 

  柿アイス 薫りてうまし 羽黒山

 

  手向には 軒のつつがの 暑さかな

 

  夕暮れや 残雪まとう 鳥海山

 

  梅雨を待つ 川面は赤し 最上川

 

  暑き部屋 句々推敲の 酒田かな

 

  語られぬ 残雪の谷 夏まだき

 

月山から湯殿を経て酒田までの写真説明

写真をクリックすると、拡大写真が現れ、「next」ボタンでスライド・ショウにして見ることも出来ます。

羽黒山有料道路から臨む月山
羽黒山有料道路から臨む月山

休暇村からは全体が見えなかった月山の山容が有料道路を少し登ると見えてきて、一同歓声を挙げた。

羽黒山頂上の駐車場
羽黒山頂上の駐車場

羽黒山頂上の駐車場から羽黒神社に向けて歩き出す。

羽黒山三神合祭殿
羽黒山の鐘楼と三神合祭殿

冬の間は積雪のため月山神社と湯殿山神社にはお参りできないので、ここ羽黒山に三社を合際している。

月山神社の額
月山神社の額

三神合祭殿の真ん中に月山神社の額が掲げられている。

芭蕉の立像
芭蕉の立像とその右に並ぶ三山句碑

羽黒山山頂の手水舎脇に、昭和48年6月に建立された芭蕉像があり、その隣に、 巨大な出羽三山の三山句碑が建っている。この句碑は、月山旧登山道の通り道にあたる野口に、 文政8年(1825年)建立されたもので、「芭蕉野口(三山)句碑」と呼ばれる。現在地への移転は、昭和40年(1965年)。

芭蕉の三山三句碑
芭蕉の三山三句碑

凉しさや ほの三日月の 羽黒山

加多羅禮努 湯登廼仁奴良須
當毛東迦那
(語られぬ 湯殿に濡らす たもとかな)

雲の峯 いくつくつれて 月の山



蜂子皇子の墓
蜂子皇子の墓

出羽三山の開祖とされ、崇峻天皇の皇子である蜂子皇子の墓で現在、宮内庁の管理するところとなっている。

三の坂の最後
三の坂の最後

本来なら一の坂、二の坂と登ってきてここが最後の三の坂。

本坊の跡
本坊の跡

芭蕉塚から30mほど先に「本坊宝前院跡」を刻む石碑がある。 宝前院は、かつて当地にあった一大伽藍で、もともと山頂の開山堂の西脇にあったが、 第50代別当執行天宥の時、寺院の失火から羽黒本社が類焼するのを恐れ、当所に移築されたものと伝えられる。

三の坂の杉並木
羽黒山参道の杉並木

素晴らしい樹齢300年~500年の杉が約600本あるといい、外国人向けのミシュラン・グリーンガイドで三つ星で紹介されています。 参道の石段の総数は2446段あると言われ、杯・ひょうたんなどが彫られており、33個全てをみつけられた人の願いが叶うという。

南谷への分岐道
南谷への分岐道

表参道から登ってくると右に別れる小道があり、それを400m程行くと芭蕉が滞在した南谷に至る。

南谷の別院跡
南谷の別院跡

今は苔むした礎石の一部を残すのみであるが、三方池をめぐらした静かな庭園があった。

芭蕉が滞在した折に詠んだ句碑がある。

   有難や 雪をかほらす 南谷

三日月塚
三日月塚

「芭蕉翁」の文字を刻む石碑。明和6年(1769年)の建立。当所は、芭蕉が
  涼しさや ほの三か月の 羽黒山
の句を詠んだところと伝えられ、説明板に「翁、羽黒山畄(留)杖の折、羽黒の句『涼しさや・・・』の発句の処」と記されている。

二の坂茶屋
二の坂茶屋

通称油こぼしと言われる急な二の坂を登った所にあり、名物の力餅を注文したら2,446段の石段を登った認定書を授かった。



二の坂茶屋から俯瞰する庄内平野
二の坂茶屋から俯瞰する庄内平野

この杉並木の参道を歩いている間は杉並木の高さのため殆ど眺望は無かったが、ここで初めて素晴らしい庄内平野の眺望が開けた。

国宝五重塔
国宝五重塔

羽黒山内で最古の木造建築で国宝。素木造り、三間四方の塔。屋根は柿(こけら)葺きで高さが29.4m。 承平年間(931~ 938)に平将門 が建立したと伝えられ、文中元年(1372年)に武藤政氏が再建され、 更に慶長13年(1608年)最上義光の修理などを経て今日に至っている。

国宝五重塔
国宝五重塔

建築史上では室町初期の遺構と言われていてそばによると可なり高く感ずる。

祓川神橋
祓川神橋

祓川(はらいがわ)は庄内地方を流れる京田川の上流域の名称で、月山三合目の谷あいで沢水を集め源流となり、 その後、月山登拝道に沿って北流し、やがて羽黒の山中に入り込んでいる。



随神門
随神門

この門は出羽三山神社の表玄関で、神域は遠く月山を越えて湯殿山まで広がっていると言われています。 初めは仁王門として元禄年間に秋田矢島藩主より寄進されたが、明治の神仏分離の折随神像を祭り、随神門と名付けられた。

羽黒山大進坊
羽黒山大進坊

手向地区桜小路の大進坊は、300年以上の歴史を刻む宿坊の一つで、庭先に芭蕉句碑がある。。



呂丸辞世の句碑入口石柱
図司呂丸辞世の句碑入口石柱

図司呂丸は門前町の手向で山伏用の衣服の染物師であったが、芭蕉の羽黒山訪門時に骨身を惜しまず尽し、 蕉門に入ることを許された。

図司呂丸辞世の句碑
図司呂丸辞世の句碑

図司呂丸は各務支考(かがみしこう)の羽黒山訪問に際しても礼節を尽し、その後、 長期の旅に出て京都の支考の家に滞在中病死した。辞世の句は:

  消安し 都の土に 春と雪  呂丸


古口の舟下り乗船所
古口の舟下り乗船所

古口には嘗て舟番所があり、両岸から迫り出した山裾が天然のダムの役割を果たしていた。 私達は芭蕉一行の順序とは異なって、羽黒山訪問の後にこの古口乗船所から舟下りの舟に乗った。

最上川舟下り
最上川舟下り

この写真は日映エンタープライズ社が私たちの乗った船を丘の上から撮った写真です。
よく見ると乗客一人一人の顔が判別できる。
このような俯瞰写真は自分では撮れないので貴重だ。

舟下りの船上
舟下りの船上風景

船頭さんは美形で美声の女性船頭・星川遼子さんでした。

草薙の下船場
草薙温泉の下船場

約1時間の楽しい船旅でした。ここは芭蕉が下船した清川よりちょっと上流で、仙人堂や白糸の滝よりやや下流でした。

鳥海山
ホテルの窓越しに臨まれる鳥海山

私達は午後4時過ぎに酒田のホテル・リッチ・ガーデン酒田に着いた。この日は酒田で30℃を超す暑さで大層蒸し暑かった。

日和見公園の北前舟
日和見公園の北前舟

西廻り航路の開拓により、庄内米を酒田港から江戸に回漕するために活躍した北前舟の実物の2分の1が 日本海沿岸をかたどった修景池に白い帆を張って浮かべられています。

河村瑞賢の銅像
河村瑞賢の銅像

河村瑞賢は寛文12年(1672)手代を酒田に派遣し、この日和山に堀や土壘を築いて御城米置場を完成させたということです。 これによって酒田の米が江戸に効率よく運ばれた。

芭蕉句碑
芭蕉句碑

 

6月23日(新暦8月8日)象潟から酒田に戻り、近江屋三郎兵衛宅に招かれ、即興のまくわ瓜の句が作られた。

 初まくわ 四つにや断たん輪に切らん

芭蕉句碑
 芭蕉句碑

6月14日(新暦7月29日)寺島彦助宅の安種亭に招かれ、句会が催された。その日は非常に暑かった。
  暑き日を海に入れたり最上川 
今日の暑さを全部海に流し込んでくれている最上川よ。

芭蕉銅像
 芭蕉銅像

日和山公園には芭蕉の他斉藤茂吉、若山牧水等々の文人の石碑が建てられている。







映画おくりびとの舞台
 映画おくりびとの舞台

日和山公園を出た所の坂道の途中にアカデミー賞映画おくりびとの舞台となったNKエイジェントの建物があった。

旧鐙屋
 旧鐙屋

鐙屋は、酒田を代表する廻船問屋で、江戸時代を通じて繁栄し、日本海海運に大きな役割を果たした姿を今に伝えています。 当時の鐙屋の繁栄ぶりは、井原西鶴の「日本永代蔵」にも紹介されたほどでした。

淵庵不玉亭跡
 淵庵不玉亭跡

芭蕉が酒田で2泊した医者の淵庵不玉亭跡。芭蕉はこの不玉亭に象潟からの帰りにも泊まっている。


山居倉庫
  山居倉庫

明治26年に酒田米穀取引所の付属倉庫として建造され、築100年以上たった今も現役農業倉庫として活躍している。 背後を囲むケヤキの大木は風よけとしても、観光風景としても有名だ。

湯殿山神社の大鳥居
  湯殿山神社の大鳥居

湯殿山神社には古来より社殿が設けられず、お湯が湧き出す茶褐色の大岩をご神体としている。 月山が、阿弥陀如来を本地として「死後」の過去を象徴するのに対し、湯殿山は、大岩の形象に鑑みて、 「再生」、すなわち未来で、再びこの世に産み落とされることの象徴として大日如来を本地としている。

湯殿山御神体拝殿への入口
  湯殿山御神体拝殿への入口

ここから先は聖域となっていて写真撮影は禁止されている。 御神体は温泉が流れる茶褐色の大岩で参拝者はその上を歩いて参拝するようになっている。



月山への登山口
  月山への登山口

湯殿神社の拝殿の奥が芭蕉が引き返した月山への登山口で、ここには芭蕉と曽良の句碑があるが、 6月14日現在ではこのように雪に埋もれていた。山開きの7月1日以降でないとこの月山への登山道は通れないという。

拝殿に向う途中の滝
  大鳥居から拝殿に向う途中の滝

谷間に残る雪、残雪から流れ出る滝や背後に聳える山々の姿は月山に向う登山道の険しさを物語っているようだ。

最上川の舟下りの動画です

山寺から大石田を経て羽黒山へのルート地図

地図は拡大・縮小出来ます。ドラッグして移動も出来ます。地形図指定で3D表示も出来ます。

赤線は芭蕉一行が辿ったルートです。青線は筆者の辿ったルート。

▲このページのトップへ