10回目ツアー:一ノ関・平泉より山寺まで

芭蕉句碑ー夏草や

元禄2年(1689年)5月12日(新暦6月28日)、芭蕉と曽良は雨中一関に到着。その夜、磐井橋付近の民家(金森家)に宿泊した。 翌朝(5月13日)天気は一転し、陽光の下、平泉に向けて出立した。平泉では無量光院、高館義経堂、中尊寺等を訪ねた後、夜はまた一ノ関に戻り金森家に泊まっている。

平泉の高館城址にある芭蕉句碑

 

  第十回2日目へ  第十回3日目へ  第二回ツアーへ   第一回ツアーへ   奥の細道目次へ   サイトトップへ

蕉の奥の細道: 
旧暦5月12日と13日の旅

十二日、-中略- 心細き長沼にそうて 戸伊麻(といま) という所に一泊して、平泉にいたる。 その間廿余里ほどとおぼゆ。
三代の栄耀(えいよう) 一睡の(うち) にして、大門の跡は一里こなたにあり。秀衡が跡は田野になりて、金鶏山のみ形を残す。先づ高館に登れば、北上川南部より流るる大河なり。衣川は和泉が城をめぐりて、 高館の下にて大河に落ち入る。泰衡等が旧跡は、衣が関を隔てて南部口をさしかため、(えぞ) をふせぐと見えたり。さても義臣すぐってこの城にこもり、功名一時の(くさむら) となる。「国破れて山河あり、城春にして草青みたり。」と笠うち敷きて、時のうつるまで涙を落とし侍りぬ。

夏草や (つわもの)どもが 夢の跡
卯の花に兼房みゆる白毛かな 曽良

かねて耳驚かしたる二堂開帳す。経堂は三将の像を残し、光堂は三代の棺を納め、三尊の仏を安置す。 七宝散うせて、珠の扉風にやぶれ、金の柱霜雪に朽ちて、頽廃空虚の叢となるべきを、四面新たに囲みて、甍を覆ひて風雨を凌ぐ。暫時千載の記念とはなれり。

五月雨の 降りのこしてや 光堂

 前日雨に降られて一ノ関の宿に泊まり、5月13日は晴天の中藤原三代の地、平泉の城址を訪れた。 城の回りには北上川が流れる。 昔この城で忠臣たちが立てこもって戦った跡を見ると、杜甫の詩が思い出され、時が経つのも忘れ、涙を流してしまった。 その感動を表して芭蕉と曽良が1句ずつ読んだ。
この城には今夏草が生い茂っているが、昔は義経や藤原氏の武士たちが戦った夢のあとだなあ!!
その後、中尊寺の経堂と光堂が開帳されていたので、それを見た後、芭蕉はまた光堂について1句詠んだ。
長い間、さすがの五月雨も降り残したのであろうか、燦然と輝いているよ!!

 

筆者の、第四回目のツアーの行程:
平成24年7月27日(金)

  • 04:50 起床 朝食を摂らないで出発
        前日東北地方も梅雨明けて、季節は
        真夏に入ったが、雲が立ち込めている
  • 05:40 自宅を出発
  • 05:55 土気駅発の電車に乗る
      土気駅出発

  • 06:15 千葉駅着
  • 06:23 千葉駅発総武線快速電車に乗る
  • 06:50 スカイツリーが霞んで見える
      スカイ・ツリー

  • 07:02 東京駅着 
  • 07:30 八重洲日本橋口に集合
        参加者34名、講師鈴木先生、
        TD前川さん
  • 07:56 東京駅発はやて103号 で出発。
      東京駅出発

  • 10:21 一ノ関駅到着
      一ノ関駅到着

  • 10:40 一ノ関駅前からバス出発
  • 10:47 一ノ関街道のかっぱ崖に到着
        曽良の随行日記に
        三里皆山坂なり
        合羽もとをるなり 宿す
    とある。
      かっぱ崖

  • 11:05 一ノ関駅前に戻って「芭蕉の辻」見学
      芭蕉の辻

  • 11:25 二夜庵跡の石碑見学
  • 11:30 蔵元レストラン世嬉の一で昼食
      レストラン世嬉の一

  • 12:45 レストラン世嬉の一出発
  • 13:20 柳之御所資料館到着
        同45分まで資料館と柳之御所遺跡見学
  • 13:55 無量光院跡見学
  • 14:06 高館義経堂到着 芭蕉句碑見学
     夏草や  (つわもの)どもが 夢のあと

  • 14:35 兼房縁の卯の花清水の石碑見学
  • 14:55 中尊寺到着 徒歩で以下の箇所を見学
        金色堂、讃衡蔵、芭蕉句碑と銅像
        旧覆堂、本堂、弁慶堂、月見坂等
      五月雨の 降りのこしてや 光堂

  • 17:00 一ノ関ホテル・サンルート到着
  • 18:00 夕食
  • 21:00 就寝

平成24年7月27日
平泉にて長兵衛が詠める:

かっぱ崖  炎暑のもとで 旅の雨

空堀や 栄華の跡は 遠くあり 

夏草や バイパスの音  夢は今

夏草や 旅人どもは 蒸呂(むろ) のなか

束稲(たばしね) は 桜も見えず 夏の草

光堂 人人人の 暑さかな

本堂で 蝉の声消す バイオリン

汗ぬぐいつ 風鈴求む 月見坂

 

第十回目のツアー:
一ノ関を発って、平泉、鳴子経由で山寺に至るルート地図

地図の拡大・縮小及び移動が可能です。詳細地図は拡大して見て下さい。

磐井川橋一ノ関を流れる磐井川の橋

旧暦5月12日「かっぱも透る」大雨の中、芭蕉一行は一ノ関を流れる磐井川の橋のたもとにある宿に入った。この宿にはその夜と翌日平泉訪問の後も泊まったことから二夜庵と呼ばれている

二夜庵跡の石碑芭蕉が一関で2泊した二夜庵跡の碑

曽良随行日記には、芭蕉一行が一関のどこに止宿したかについての記述はないが、磐井橋近くにあった金森家と伝えられている。しかし、金森家は隣接して二軒あったとされ、そのいずれに芭蕉が二泊したかについては定かではない。

 

レストラン昼食を摂った蔵のレストラン「世嬉の一」

レストラン世嬉の一は地名一ノ関をもじった傑作な名前のレストランで写真の建物の1階がレストランで2階がビールの醸造所になっていた。

 

昼食の膳レストラン「世嬉の一」で出された洒落た昼食の膳

 

 

 

柳之御所資料館柳之御所資料館

柳之御所遺跡について紹介する資料館で発掘調査で出土した約400点の重要文化財が展示されている。 発掘調査は昭和63年(1988年)から6年間にわたって大規模に行われたが、現在も断続的に調査が行われいるそうです。

 

柳之御所跡公園になっている柳之御所遺跡

柳之御所遺跡は11.2万平方メートルの広さがある藤原氏の政庁跡です。鎌倉幕府が編纂した公式の歴史書である「吾妻鏡」に記されている「平泉館」に当たるのではないかとされている。背景の小高い山は義経堂がある高館城址。

 

無量光院跡遠景無量光院跡の遠景

無量光院は、藤原秀衡が柳之御所の西側に建てた持仏堂ともいわれる寺院で、「吾妻鏡」に宇治の平等院鳳凰堂を模して建てたと書かれている。 背景中央の山は金鶏山。訪れた折には中の島の発掘調査が行われていた。

 

無量光院跡近景無量光院跡の近景

画面中央が本堂跡で手前の草原は池であったという。本堂の直ぐ向こう側には東北本線が通っているので、平泉駅から東北本線で北へ向かう折には無量光院跡が見える筈。

 

 

高館城址石段高館への入口の石段

高館(たかだち) は義経の居城であったが、藤原氏4代目の泰衡は文治5年(1189年)4月、源頼朝の圧力に屈し、部下をして急襲させ義経を自害に追い込んだ。

芭蕉句碑ー夏草や高館城址の芭蕉句碑

夏草や(つわもの)どもが 夢のあと

 

高館城址展望台より束稲山と北上川高館城址の芭蕉句碑のある高台からの眺め

高館から東方を眺めると、その昔「さくら山」と呼ばれ、京都の東山に見立てて桜狩りを楽しんだという束稲山があり、眼下に北上川が悠々と流れている。

 

義経堂義経の像が祀られている義経堂

義経堂は天和3年(1683年)、仙台藩四代藩主伊達綱村により建立され、芭蕉はその6年後にこの義経堂を訪れている。

 

卯の花清水卯の花清水

曽良の句碑が建つ「卯の花清水」は、高館の北側の上り口からほど近いところにある。
曽良の句は文治5年(1189年)、義経主従が藤原泰衡の軍勢と交戦のとき、白髪を振り乱し、勇猛果敢に戦った兼房について詠んだもの。 兼房は、義経一家の最期を見届けた後、敵の大将と戦い、大将諸共、火の中に消え入ったと伝えられる。

卯の花に兼房みゆる白毛かな 曽良

   

中尊寺蓮池

中尊寺の金色堂に登る坂下にある蓮池

 

 

 

 

 

金色堂

中尊寺金色堂(覆堂)

金色堂は、天治元年(1124年)奥州藤原氏・初代清衡により造営された中尊寺創建当初の唯一の遺構。須弥壇に藤原三代の遺骸が納められている。 中央の須弥壇には、初代清衡の遺骸、向かって左の壇に二代基衡、右の壇に三代秀衡の遺骸が安置されており、秀衡の遺骸の傍らに、子泰衡の首級が納められている。
隆盛を極めた中尊寺も、藤原氏が滅亡した後はすっかり衰え、さらには、建武4年(1337年)の火災で山内のほとんどが焼け、 金色堂と経蔵の一部を残すのみとなったが、伊達家累代の保護などにより復興を果たし、現在に至っているということです。

 

芭蕉句碑金色堂の脇に建っている芭蕉句碑

 五月雨の 降のこしてや 光堂

あたりの建物が、雨風で朽ちていく中で、光堂だけが昔のままに輝いている。まるで、光堂にだけは、五月雨も降り残しているようなことではないか。
芭蕉が中尊寺を訪れた旧暦5月13日は晴天であったと曽良の随行日記には述べられているので、この句は気象的な五月雨の中で輝いている金色堂を詠んだものではなく、 これほど立派な文化財が歴史の中で保護されて残されていることに対する感動を詠んだものと思われます。

 

芭蕉像芭蕉像

「おくのほそ道三百年・芭蕉祭」を記念して、平成元年5月13日、金色堂旧覆堂脇に建てられた。製作者は、東京芸術大学助教授(当時)の戸津圭之介氏。

 

旧覆堂旧金色堂覆堂の内部

新覆堂建設の際、現在地に移築された。「金色堂建立から164年後の正応元年(1288年)に、鎌倉幕府が風雪から護る為に建造した」と説明されるが、 解体調査の結果、建築様式から判断してそのことは疑問視されているそうです。

 

讃衡蔵

讃衡蔵

讃衡蔵は中尊寺に伝わる文化財・宝物を永く後世に伝える宝物館として建設され、平成12年(2000)に新築された。館名の讃衡蔵とは 「奥州藤原三代(清衡・基衡・秀衡の衡)の偉業をたたえ(讃)る宝蔵」という意味だそうです。
現存する、3,000点以上の国宝・重要文化財のほとんどがここに収蔵されており、仏像・経典・奥州藤原氏の副葬品など、貴重な文化財を拝観することができます。

 

 

中尊寺本堂関山中尊寺の本堂

中尊寺は嘉祥3年(850年)に慈覚大師が開基した天台宗の寺院で、建立時は関山弘台寿院と号したが、貞観元年(859年)に中尊寺と改めたという。
「吾妻鏡」に、藤原清衡が白河の関と外ケ浜の真ん中を中尊寺・関山として関を築き、中尊寺の参道を旅人の通行路にしたとある。

 

 

展望台からの眺め

東物見からの平泉の眺め

弁慶堂の反対側に木立が途絶えたところがある。ここが東物見で、ここから平泉の現在の地形を俯瞰することが出来る

   

西行の歌碑東物見広場にある西行の歌碑

桜の花を愛し続けた西行が京都の東山に見立てた束稲山の桜を称えて詠んだ

ききもせず たばしね山のさくら花
   よしののほかに かかるべしとは

 

弁慶堂弁慶堂

源義経の木像と立ったまま大往生をとげたと伝えられる弁慶の木像が安置されている。

 

 

 

月見坂月見坂

 

月見坂出口月見坂出口