4回目ツアー: 玉生宿より黒羽まで

芭蕉の馬上銅像

旧歴4月2日の昼時、2人は日光を発って黒羽に向かった。本来ならば今市を経由して行く所、近道を選んだが途中雷雨にあったため、玉生の宿に一泊し、 翌日那須野を行くが心ある農夫の好意で馬を借り、奥の細道の中でも有名な場面のかさねという女の子に会う。黒羽では知人の桃雪と桃翠の家を訪ねて歓待をうけ、そこで何と14日間も滞在している。

黒羽の芭蕉の館前の芭蕉の馬上銅像

かさねとは八重撫子の名なるべし   曽良

  第五回ツアーへ    第三回ツアーへ  第二回ツアーへ   第一回ツアーへ   奥の細道目次へ   サイトトップへ

蕉の奥の細道: 
旧暦5月2日と3日の旅

那須の黒羽(くろはね)という所の知る人あれば、是より野越えにかかりて、 直道(すぐみち)を行かんとす。 遥かに一村を見かけて行くに、雨降り日暮るる。農夫の家に一夜をかりて、明くればまた野中を行く。そこに野飼ひの馬あり。草刈るをのこになげきよれば、野夫といへども、 さすがに情知らぬはあらず。「いかがすべきや。されどもこの野は縦横にわかれてうひうひしき旅人の道ふみたがへん、あやしゅうはべれば、この馬のとどまる所にて馬を返し給へ。」 と貸しはべりぬ。ちひさき者ふたり、馬の跡したひて走る。ひとりは小姫(こひめ)にて、名をかさねといふ。聞きなれぬ名のやさしかりければ、

かさねとは八重撫子の名なるべし
                曽良


やがて人里にいたれば、あたひを鞍つぼに結びつけて馬を返しぬ。

 黒羽に行こうと思って那須野を横切った。道はなかなか遠く雨が降り、農夫の家に一夜を借りる始末。翌日、野飼いの馬を借りた。馬の借り方、返し方も実に田舎っぽくてよい。 小さい子が2人、馬のあとを追いかけてきた。一人は女の子で、かさねという。つらい那須野越えだったが、最後に心が和まされた。

 

黒羽の館代浄法寺なにがしの方に音信(おとず)る。思いがけぬあるじの(よろこび)、 日夜語りつづけて、その弟桃翠(とうすい) などといふが、朝夕勤めとぶらひ、自らの家にもともなひて、親族の方にも招かれ、日をふるままにて、 一日郊外にしょうようして犬追物の跡を一見し、那須の篠原をわけて、 玉藻(たまも) の前の古墳をとふ。それより八幡宮に詣づ。与市扇の的を射し時、「別してわが国氏神正八幡」とちかひしも、この神社にて侍ると聞けば、感応殊にしきりに覚えらる。暮るれば桃翠宅に帰る。

修験光明寺(しゅげんこうみょうじ)といふあり。そこにまねかれて 行者堂(ぎょうじゃどう)を拝す。

夏山に 足駄(あしだ)を拝む 首途(かどで)かな

 黒羽の知り合いである桃雪と桃翠の家を訪ねて、大変な歓待をうけた。何日か滞在して、黒羽の郊外を散策し、犬追物の跡を見たり、那須の篠原を通り、玉藻の前の古墳にお参りし、 源平合戦で名高い那須の与市を祭ってある那須神社も訪ねた。また光明寺にも招かれ、行者堂を参拝して、黒羽では大変充実した滞在となり、夏山を見ながらこれからの長旅を思い行者の足駄を祈って、 旅の再出発を願ったことよ。

 

 

筆者の、第四回目のツアーの行程:
平成24年7月12日(木)

  • 05:00 起床 朝食を摂らないで出発
        天気予報は80%雨でしたがまだ降り
        出していない
  • 06:16 土気駅発の電車に乗る
        土気駅で
  • 06:41 千葉駅着
  • 06:47 千葉駅発総武線快速電車に乗る
  • 07:10 新小岩付近で雨雲にアンテナ部分を
        隠したスカイツリーが見える
       東京スカイツリー朝
  • 07:15 錦糸町で乗り換え
  • 07:30 秋葉原で乗り換え 
  • 07:50 上野駅公園口横の駐車場に集合
        参加者27名、講師西平先生、
        TD中村さん
        上野でバス」に乗る
  • 09:25 東北自動車道大谷SAでトイレ休憩
        終に雨が降りだした。
  • 09:50 矢板ICで高速道路を下り、
        芭蕉の歩いた道と逆に日光へ向かって
        Rt-74をバスは走る
  • 10:10 日光北街道沿いの玉生(たまにゅう) 宿に到着。
        芭蕉一行が泊まった名主宅跡の芭蕉
        一宿之跡の石碑所を訪ねる
  • 10:25 玉生宿を発って日光北街道(国道661号
        )を矢板経由で大田原に向かう
  • 11:10 大田原道の駅に到着
        道の駅の裏手にある那須与一ゆかり
        の那須神社に雨の中参拝する。
  • 11:50 黒羽(くろばね)市街に入り、常念寺に到着。
        常念寺に参拝後、芭蕉句碑を見学。
    野を横に 馬ひきむけよ ほととぎす
  • 12:05 歩いて向かい側にある明王寺に向かう
        芭蕉句碑を見学。
    今日もまた 朝日を拝む 石の上
  • 12:20 那珂川橋のたもとにあるホテル花月
        に徒歩で向かい13:10まで昼食。 
  • 13:20 大雄寺(だおおうじ)門前に到着
        雨の降りしきる中、長い坂の参道
        を登り、黒羽藩主の菩提寺である
        茅葺の立派な本堂や回廊を見学。
        その後、更に裏山の墓地へ登って
        黒羽藩主大関家一族や芭蕉が当地で
        歓待を受けた浄法寺の墓地を訪れた。 
  • 13:50 自動車道に戻って通称「芭蕉の道」を
        登り、紫陽花の花の中の芭蕉の句碑を訪    れる。
    山も庭も 動きいるや 夏座敷
        
  • 14:05 浄法寺桃雪宅跡でく休憩しお茶を戴く
  • 14:28 奥の細道を辿り、芭蕉の広場に着く
        芭蕉の句碑見学。
    鶴鳴くや その声に芭蕉 やれぬべし
  • 14:35 芭蕉の館に到着
        芭蕉の馬上銅像前で記念撮影後、
        芭蕉の館記念館を見学。
  • 15:05 紫陽花で埋められた空堀の橋を渡り、
        黒羽城址公園到着。
  • 15:15 黒羽城址公園の駐車場を出発。
  • 15:25 修験光明寺跡到着。 芭蕉句碑を見学。 夏山に 足駄を拝む 首途(かどで)かな
  • 15:35 西教寺に到着。 曽良の句碑を見学。
    かさねとは 八重撫子の 名なるべし
  • 15:40 桃翠の墓地に到着
  • 15:55 桃翠の墓地を出発して帰路に着く
  • 16:40 佐野ICでトイレ休憩
  • 17:48 上野公園口の駐車場に帰着
  • 17:55 上野駅発、秋葉原で乗り換え
  • 19:14 錦糸町発外房線直通上総一宮行に乗る
        東京スカイツリーは夕方も天辺は梅雨
        雲に隠れている
       東京   
  • 20:07 土気駅着
  • 20:20 家内のピック・アップで無事帰宅

平成24年7月12日
芭蕉の足跡を訪ねて長兵衛が詠める:

玉生(たまにゅう)や 翁迎える 雨蛙  

那須神社 与一の里で 濡れておる 

紫陽花や 濡れて静かに 芭蕉句碑

黒羽に 翁迎えし 人の声

梅雨草に 靴を濡らして 旅終える

朝も夕も スカイツリーは 梅雨雲(くも)の中

第四回目のツアー:
日光を発って、玉生経由で黒羽に至るルート地図

地図の拡大・縮小及び移動が可能です

日光北街道雨に濡れた玉生宿の日光北街道

芭蕉一行は日光を発って、日光北街道を画面奥から手前に歩いた来たが、雨に降られて玉生宿で旅籠に入った。ところが、実際は宿悪しきゆえ、玉生の名主の家に泊めてもらったようである。日光を昼過ぎ発って玉生宿まで約40qを半日で歩いたことになり、ここでも芭蕉の健脚振りが伺える。

玉生の芭蕉一宿の碑

玉生の芭蕉一宿の碑

奥の細道では芭蕉は「農夫の家に一夜をかりて」と書いているが、曽良の随行日記によると、玉生の名主の家に泊めてもらったようです。芭蕉一宿の碑は関東バス駐車場を入った所の森の中にあった。名主の家跡は一時尾形医院になっていたが、今は空き地になっている。

那須神社道の駅の裏手に雨に濡れてひっそりと佇む那須神社

那須神社は仁徳天皇(313〜399年)時代の創立で、さらに延暦年中(782〜806年)に征夷大将軍坂上田村麻呂が応神天皇を祀って八幡宮にしたと伝えられている大層古い由緒ある神社で、芭蕉も黒羽滞在中に桃翠に案内されてここを訪れている。奥の細道には:
八幡宮に詣づ。与市扇の的を射し時、「別してわが国氏神正八幡」とちかひしも、この神社にて侍ると聞けば、感応殊にしきりに覚えらる。 と述べられている。

 

那須の与一の銅像大田原の道の駅にある那須の与一の銅像

源氏ひいきの芭蕉は壇ノ浦の源平合戦で平家の挑戦を受けて扇の的を射落とした那須の与一にも関心があり那須神社を訪れた。
今では那須の与一は有名になり銅像が建っている大田原の道の駅は綺麗に整備されているが、肝心の那須神社は道の駅の裏手にひっそりとして、然も少々荒れ果てた感じで残っていた。

 

 

 

 

常念寺黒羽の常念寺

黒羽藩3代藩主大関高増によってこの地に移され、豪商高柳源左衛門によって焼出した寺社が再建された。 
芭蕉の句碑は芭蕉の門人で芭蕉の羽黒滞在中歓待した門人浄法寺桃雪によって建立されたと伝えられている。

 

常念寺の山門脇の芭蕉句碑常念寺山門脇に立つ芭蕉句碑

野を横に 馬ひきむけよ ほととぎす
広漠たる那須野を進んで行くと、ほととぎすの鳴き声が聞こえた。さあ馬子よ、ほととぎすが鳴く方に馬を向けておくれ。

 

明王寺山門明王寺の門前の風景

矢張り、黒羽藩3代藩主大関高増によってこの地に移され、黒羽藩に保護された寺院。

 

 

 

明王寺の芭蕉句碑明王寺の本堂右側に建つ芭蕉句碑

余瀬の桃翠宅で開かれた連歌会、七吟歌仙で詠んだとされる俳句で、石の上に立って毎朝朝日を拝む行者の姿を詠んだもの。

今日も又 朝日を拝む 石の上

 

ホテル花月でのランチの膳ホテル花月でのランチの膳

ホテル花月はこの田園地帯にしては瀟洒な清潔感あるホテルでした。当地は那珂川の鮎釣りで有名な所だそうです。

 

ホテルよりの眺めホテル花月よりの眺め

橋は那珂川に架かる那珂橋、遠景左の山は芭蕉公園と黒羽城址公園らしい。

 

大雄寺の参道入口大雄寺(だいおうじ)の参道入口

 

 

大雄寺参道大雄寺の参道

杉並木に覆われた長い登りの参道でした。

 

大雄寺総門

大雄寺の茅葺の総門

境内の建物はすべて茅葺で、江戸時代中期の建造であるが、室町時代の様式をよく残しており、栃木県の有形文化財に指定されています。

 

大雄寺の本堂

大雄寺の本堂も茅葺の立派なもの

大雄寺(だいおうじ)は流石黒羽藩主大関氏の菩提寺だけあって立派なもので大関氏10代当主大関忠増が再建した文安5年(1448年)当時の面影をそのまま残している。

黒羽藩主代々の墓

黒羽藩主代々の墓

大雄寺裏手の丘の一番高い場所に黒羽藩主代々の立派な墓が並んでた。

 

浄法寺家の墓地大雄寺裏の墓地の一角に浄法寺家の墓もあった

芭蕉一行は浄法寺桃雪とその弟の桃翠の歓待を受けて奥の細道紀行の中で最長の14日間の滞在をこの黒羽でした。この兄弟は以前父に伴って江戸に滞在したことがあって、その折に芭蕉の門人となっていた。

 

芭蕉句碑―行く春や芭蕉の道入口に建つ芭蕉奥の細道へ出立の折の句碑
紫陽花が生い茂っていて石碑が殆ど隠れている

行く春や 鳥啼き魚の 目は泪

 

芭蕉句碑ー山も庭も浄法寺桃雪邸近くに建つ芭蕉の句碑
浄法寺家で歓待を受けた折の庭の動的な描写は見事

山も庭も 動きいるや 夏座敷

 

旧浄法寺邸

ひっそりとした佇まいの旧浄法寺邸

私たちツアーの一行は中に入ってお茶の振る舞いを受けた。廊下からの雨に濡れた庭の眺め、芭蕉を迎えた浄法寺家の人々の喜びを想像した。
黒羽に 翁迎えし 人の声  長兵衛

 

旧浄法寺邸への入口の紫陽花旧浄法寺邸へのアプローチ道の紫陽花

黒羽の地で芭蕉を迎えた浄法寺家の人々の喜びは計り知れないものがあったでしょう。 紫陽花や 濡れて静かに 芭蕉句碑
                 長兵衛

 

芭蕉の広場芭蕉の広場に建てる句碑
鶴鳴くや 其の声に芭蕉 やれぬべし
絵の中で鳴いている鶴よ、その声によって同じ絵の中の芭蕉の葉も破り散ってしまうでしょう。 浄法寺邸で鶴の絵をほめて詠んだ句。

 

芭蕉の館芭蕉の館

往時の黒羽城三の丸であった所に建てられた芭蕉と黒羽藩主大関家の資料を集めた常設館。館の前庭左手には芭蕉が馬に乗り曽良がそれに従う旅姿のブロンズ像がある。

 

 

芭蕉旅姿銅像芭蕉旅姿銅像

芭蕉の館の前庭左側に芭蕉と曽良の旅姿の大変リアルなブロンズ像が建っていた。

 

黒羽城跡見事な紫陽花の空堀黒羽城跡の見事な紫陽花の空堀

黒羽城三の丸にある芭蕉の館から本丸に向かう途中に深い空堀に架かる橋を渡った。橋上から見る空堀は見事な紫陽花のお花畑になっていた。

 

修験光明寺跡入口修験光明寺跡入口の墓

修験光明寺跡といっても寺院らしい遺跡は何もなく、只案内の標識が建っているだけだった。左側に写っている男性は講師の西平先生です。
曽良の随行日記によれば芭蕉と曽良は旧暦4月9日この光明寺を訪ね、役行者の縁の品である一本場歯の高足駄を収めていた行者堂を参拝したとある。

芭蕉句碑ー夏山に芭蕉句碑

案内の標識に従って坂を登り林の中に入ると奥の細道の黒羽の項の最後に載っている句の石碑だけがあった。
夏山に 足駄を拝む 首途かな
光明寺の役の行者の健脚にあやかってこれからの奥の細道の無事を祈りましょう。

 

西教寺入口西教寺入口

西教寺は人里離れた田園地帯にあった。黒羽藩15代藩主大関増裕は財政再建の為、新田開拓を奨励し、加賀、越前、越後から開拓民を募集したが、その殆どが浄土真宗の信徒であったことからこの寺院が建立された。

 

曽良の句碑と撫子曽良の句碑と撫子

黒羽入りする日、後を慕ってついてきた「かさね」という少女の純情な心を曽良が読んだもの。

かさねとは 八重撫子の 名なるべし

 

桃翠の墓鹿子畑翠桃の墓

鹿子畑翠桃(奥の細道には桃翠と出ている)邸は現在水田地帯となっており、鹿子畑家の墓地しか残っていない。 芭蕉が桃翠邸に滞在した折にはここで七吟歌仙が興行されたという。翠桃の墓は左から4番目の丸い墓のようです。

 

曽良の句碑を見学七吟歌仙の説明板

鹿子畑翠桃の墓地横には当時ここで催うされた七吟歌仙で詠まれた俳句のすべてが説明板に残されている。