四国お遍路の行程のスライド・ショウ(讃岐の国後半)

日別の全ての写真の自動スライド・ショウは日毎のリンク・ボタンをクリックして下さい。
日ごとのスライド・ショウの動画ファイルのサイズは非常に大きいのでダウンロードに時間が掛ります。
夜間などダウンロードに時間が余り掛る時は、ショウを中止して昼間など通信回線の混んでいない時にお試しください。

  

このボタンをクリック


平成23年3月28日(月)

土気駅 ~ 東京駅 ~ 東海道及び山陽新幹線 ~ 岡山 ~ 土讃線 ~ 阿波池田

スライド・ショウは先ず土気駅での出発のスナップ・ショットで始まり、総武線内からの東京スカイ・ツリーの姿をカメラ収めが続きます。
次にこの日は快晴であったが東海道新幹線の車窓からは雲に隠れた富士山しか見られなかった。
名古屋付近では意外に雪を頂いた山々が臨まれた。京都では例によってお遍路所縁の東寺の国宝・五重塔を撮りました。
岡山近くでは長閑な田園風景を、瀬戸大橋からの瀬戸内海の風景、そして始めて降り立った阿波池田の風景もカメラに収めました。
このボタンをクリック

平成23年3月29日(火)

徳島県三好市佐野の民宿岡田 ~ 六十六番札所・雲辺寺 ~ 香川県観音寺市民宿青空 泊:

スライド・ショウは民宿岡田の部屋から見た霜の降りた部落の景色から始まります。
民宿岡田の主人に見送られての出発、お遍路の難所の六十六番雲辺寺への登りと、標高900m余の雲辺寺と山頂からの春がすみで霞んだ讃岐の国と瀬戸内海の景色を映し出します。最後に香川県側の山麓の民宿青空での夕食の膳でスライド・ショウは終わります。

このボタンをクリック

平成23年3月30日(水)

民宿青空 ~ 六十七番大興寺 ~ 六十八番神恵寺 ~ 六十九番観音寺 ~ 

七十番本山寺 ~ 一富士旅館 泊:

スライド・ショウは民宿青空の出発前の宿の奥様との記念撮から始まります。
次に、長閑な讃岐の里を歩き、六十七番大興寺に至る風景を映し出します。次に疲労が増してきたために休憩が多くなり、大喜多うどん店とまめ珈房の喫茶店のスナップ・ショットのみとなります。
最後は琴弾公園を経て、六十八番神恵寺、六十九番観音寺、及び七十番本山寺の写真のなります。

このボタンをクリック

平成23年3月31日(木)

一富士旅館 ~ JR予讃線本山駅 ~ 三野駅 ~ 七十一番弥谷寺 

~ 七十二番曼荼羅寺 ~ 七十三番出釈迦寺 ~ 七十四番甲山寺 

~ 七十五番善通寺 ~ 山本屋本館 泊:

スライド・ショウは一富士旅館での出発時の記念撮影から始まります。この日は、JR本山駅から三野駅まで電車に乗りましたのでその間のショットはありません。次に七十一番弥谷寺までの風景と、弥谷寺の長い石段を登る前に俳句茶屋のショットが写ります。勿論、長い階段と弥谷寺の写真が続きます。 その後、七十二番曼荼羅寺、七十三番出釈迦寺、そして、七十四番甲山寺と歩きました。最後に七十五番善通寺境内の写真で終わります。

このボタンをクリック

平成23年4月1日(金)

善通寺御影堂での朝の勤行 ~ 山本屋本館 ~ 七十六番金蔵寺 ~ 

JR金蔵寺駅 ~ JR多度津駅 ~ 七十七番道隆寺 ~ 丸亀城址 ~

七十八番郷照寺 ~ JR宇多津駅前のホテル・サンルート瀬戸大橋 泊:

スライド・ショウは朝の善通寺御影堂での朝の勤行から始まります。次に七十六番金蔵寺の写真が続きます。JR金蔵寺駅からJR多度津駅までは電車に乗りましたので、その間の写真はありません。
次に、JR多度津駅付近の写真と七十七番道隆寺での写真が続きます。丸亀市街に入ってからフランス人のお遍路と一緒に歩き、丸亀城址公園に登りました。その後は最後の七十八番郷照寺を廻り、JR宇多津駅前のホテル・サンルート瀬戸大橋にチェック・インして今度の区切打ちは終わります。

このボタンをクリック

平成23年4月2日(土)

三島第一ホテルをゆっくりチェック・アウト

JR予讃線宇多津駅 ~ 岡山 ~ 山陽・東海新幹線 ~ 品川 ~ 自宅

スライド・ショウは瀬戸大橋付近の景色を若干写して岡山で終わりのなります。

六十六番雲辺寺から七十八番郷照寺までのルートをGoogle Maps地図上に描いてみました。 

これは持参したGPS機能搭載のデジカメCasio EX-H20Gが生成したGPSログをGoogle Maps API V3を通して入力したものです。

GoogleMaps地図の左側に用意されている拡大・縮小の制御板をマウスで操作して地図を見やすいように拡大したり縮小てみて下さい。地図右上隅にあるボタンで「地図」と「航空写真」の選択も出来るようになっています。

また、各通過点のをクリックすると、その場所の通過時刻、経緯度、標高などの情報を記載した情報吹流しが表示されます。その場所で撮られた写真があれば、写真も表示されます。

緯度、経度、標高などは複数の通信衛星から受けた電波によって割り出した数値なので、電波が届かない場所などでの誤差がある程度認められます。