四国修行お遍路(土佐の国の前半)

               
NHK朝ドラのウェルカメで有名になった大浜海岸にて
第5日目の午後、二十三番札所薬王寺山門前で
         
 四国お遍路の旅は昨年11月末(2009/11)に阿波の国の前半を果たしました。その折には靴の選定の問題等の色々な課題を残しましたので、靴を買い替えたり持ち物の厳選などの対応をしながら今年の3月に向けて準備をして来ました。

 初期の計画では阿波の国の後半の旅をを3月に入ってすぐに出発する予定でした。所が、雨の予報が続く等の天候不順で日一日と出発を延期せざるを得ませんでした。一向に天気が安定する兆しが見られないので、少なくとも2日目の鶴林寺と太龍寺を歩く日が雨にならないタイミングを選んで3月6日(土)に出発しました。結果的に2日目の難所は雨の中の歩行は回避出来ましたが、初日、3日目及び4日目は冷たい雨の中を歩くことになり、宿では納経帳始めとしたリックサックの中味を広げて乾かすという作業をしなければならない程でした。然しながら、最終日の5日目は素晴らしい好天に恵まれ、由岐から日和佐にかけての美しい海岸沿い道を気分よく歩くことが出来ました。

 今回は最終日にNHK朝ドラの舞台となった美波町や海がめ博物館を訪ねるという目標もあって、前々から楽しみにしていた旅でしたが、結果はどうなったことでしょうか?



四国お遍路中で第2の「遍路ころがし」の難所と言われている鶴林寺山と太龍寺山の間を流れる那珂川に架かる水井橋を渡るお遍路